Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【原作者】梅太郎

【キャスト】
十野密:武内健、アカツキ:子安武人、岡下貴成:遊佐浩二  他

【あらすじ】
 密が出会った不思議な雰囲気を持つ男・アカツキ。謎の多いアカツキに本能的な危機感を感じつつも、彼との逢瀬に次第に溺れていき……。密を待つ運命とは!?

【レビュー】
相変わらずの武内くん祭です最近、次々に出るのでホクホク♪

ってな訳で、今回も見事なまでのキャスト買いな訳ですが…(爆)
これ、一言で言ってしまうと、とにかく難しかった;;
今回は原作をチェックせずに聴いたのもあったんですが、これはおそらくコミックス片手に聴かなきゃいけない作品だったのでは…と思いました。とても独特の雰囲気でなかなか面白かったんですけども、音だけではその雰囲気の表現に限界があったかなぁという印象でした。

前半は主人公の密、後半は密の親友の岡下のモノローグがメインなんですが、アカツキというキャラのモノローグが少なかったのもあって、この人が最後の最後まで謎な人でした(笑)最後の辺り、うん?これはどういう状況!?アカツキ生きてたの?死んでるの?とグルグル考えながら聴いてました(笑)
まーそういう部分を誇張して聴く作品ではないのかもしれませんね。
全体的に漂うどことなく刹那的なキャラクターたちの感情を素直に受け取れば、なかなかに切なくて、良かったです。


では、キャラクター語り。
まず、主人公の密。繊細な武内くんボイスがぴったりの線の細い美人声でムハァー(*´∇`*)
色っぽいシーンの掠れ声はやはり絶品ですし、最後の方の小悪魔っぽい美人喋りは素敵だし、泣きや叫びも多くて、武内くんボイスを楽しむのに、このCDは素敵な1枚だと思います。

しかし…個人的な好みから言えば密くんは苦手な分野に入る受け君だったかな;;
何と言うか、周りの見えてない子だなぁという感じで。危険な雰囲気のアカツキに惹かれていくのは分かるんですが、密だけをあれだけ想ってくれる岡下と言う友達のことを無下にしすぎなとこがちょっとダメでしたねー;;
でも、最後まで岡下を受け入れなかったのに、最後に岡下を助けた理由がイマイチ分からなかった;;長い年月、密を想って生きてきた親友への償いのつもり…だったのかもしれませんが、もし、その償いをしたいなら、他の人と同じ様に岡下の記憶も消してあげたらよかったのに…と思ってしまったんですが…;;
なんかね、飼い殺しというか(笑)岡下が可哀想でしょうがなかったかなぁ;;岡下の記憶を消さずにおいた、密にとっての岡下と言う人間の存在意義をもっと語って欲しかったです。人間として、僕らの分も生きて…と言う願いは、自分たちを忘れないことでさらに強く生きてほしいという意味かなーと思うんですけど、もう少し2人のシーンが欲しかったかなぁ。

ぶっちゃけ、密くんみたいに寂しさを埋め合える相手を探している人間が優しい岡下に惹かれなかった事の方が謎でした(爆)まぁそんなことを言ってしまったらお話になりませんがwww


次にアカツキ。
この人、ホントに謎過ぎた;;
吸血鬼という存在である以上、ミステリアスな部分は必要かなとは思うんですが、最後どうなったのー!?ってかどうやって復活したのー!?と、気になるところで岡下視点の話に変わっちゃってそこらへんの経緯がすっ飛ばされてるのはさすがに面食らいましたwww
いくらなんでも、そこの説明はいるんじゃないかなぁと思ったんですけどね;;岡下が過ごした長い時、2人に何かあったのが一切説明されてないのは想像してくださいってことなんでしょうか??うーーん。
まぁ、でもずっと密の成長を見届けて、ようやく想いを通わせたアカツキにはよかったねーvvと思いました。密を突き放したりもしていたけど、本当は一途過ぎるなんだか可愛らしい人だったww
子安さんの感情を押さえた低音ボイスにはしびれましたしねvvやっぱ素敵だわぁ(*´∇`*)


最後に岡下。
密とアカツキが不思議キャラ過ぎたのもあって、この人が1番、感情移入出来るキャラだっただけに、その報われなさに泣けました
本当に密の事を大切に思って、密が自分の前から姿を消しても自分にだけ密の記憶がある事には何か意味があるはずと一生かかってその答えを探す岡下は健気としか言いようが無いです。

また遊佐さんが素晴らしいんです。初めはとても優しい少年声でそれだけでも素敵なんですが、とにかく素直な少年なので、表情も豊か。アカツキに直面した時の叫びとか、アカツキを斬ったあとの無機質な声とか、密を失ったことを知った病院のベッドでの泣きのシーンとかどれもぐっと来てしまってヤバかった。特に泣きのシーンは必聴ですよ!
年齢的にも少年から52歳までを演じてらっしゃって、それぞれ確かに変化があるのがすごいです^^

さらに健気と言えば、岡下の奥さん(笑)
よくこんな別の相手に一途な男を好きになれたなぁと思いましたwww
で、ツボポイント。娘と喋る岡下。なんかすごい優しいパパできゅんとしちゃいました(o^∇^o)ノ


フリートーク。武内くん、初司会ktkr!!
先輩2人相手に、よく頑張ってらっしゃいました、おつかれさまです(笑)
まぁ逆ギレするわ、最後は放棄するわで子安さんに「この人怖いー!!」って言われてましたけどもww
最後は遊佐さんがフォロー^^でも、今度は最後まで司会して欲しいなwww


今の所、原作を読んでいないので、勿体無い聴き方をしてしまったかなぁと
また、原作をよんでから聴いてみたい作品です。


【好き度】★★★☆☆
メインキャスト3人の素敵な演技を堪能しました。


ここでは密やかにここでは密やかに
(2008/01/31)
イメージ・アルバム、武内健 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

【原作者】雪代鞠絵

【キャスト】
真野水晶:武内健、有栖川誉:子安武人、
神尾:平川大輔、工藤信也:千葉進歩、藤井:松山鷹志 他

【あらすじ】
旧華族の流れを汲む名門・有栖川家当主・誉は、ある事件以来「死神」と呼ばれ、周りから恐れられている。その誉との結婚が決まっていた姉・珠生が出奔してしまい、身代わりの花嫁として、瓜二つの弟である水晶が有栖川家に嫁がされてしまう。自分にとって価値のない人間は「道具」と言いきる冷血漢な誉に抗う術もなく、水晶は心と体を踏みにじられ、その日から誉の妻として暮らすことになり……!!

【レビュー】
武内くん祭、開催中につき、早速購入しちゃいました(笑)只今、武内ボイスを聴けばどんなキャラであれ、可愛い可愛いと言っちゃう状況なので、かなり欲目が入っちゃってるかもしれませんが、その辺はご勘弁を(爆)

まずストーリー。
原作未読ですが、絵を見て、受け君のあまりの可愛さにちょっと不安が(^^; 花嫁とつくタイトルの時点で若干苦手意識があって、この絵を見てさらに、水晶があまりにも女々しい受け君だったらどうしようかと思ったんですが、その辺は声の影響なんでしょうか(笑)、なんかものすごく可愛らしい…というか可憐でむしろ好印象!(爆)男の子に可憐ってどうよ!?って感じなんですけどね。なんかその言葉がしっくりくる健気で可愛らしい子でした。まあ言葉の初めに“お”を付けるトコとか、自分の置かれてる境遇の適応能力とか、ホントに男の子ですか!?というツッコミどころはけっこうありますが(^^;
何と言うか、ものすごくBLの王道設定と言うか、ファンタジーの世界ですね(笑)ツッコミだしたらキリがないから、そこは割り切って聴いてみるのがいいのではないかとww

引っかかったのは時代設定。初めは華族の話だと思ってたんですよ。口調とか、着物とか。でも水晶が携帯電話を持ってるのが分かって、あれ、これ現代の話だったのか!?と吃驚ww
誉は旧華族時代の流れを汲んだ大企業の御曹司のようなんで、妙に古風な雰囲気はあえてそうしてるんだとは思うんですが、それにしても、現代と言うにはちょっと時代錯誤過ぎないか??と(笑)よく水晶が馴染めたなぁっていうことにまず吃驚ww女中さんがいたり、奥さんの仕事は毎晩の夜伽と食事の介添えって。ぼんやりとしか意味が分からなかったので思わず辞書引きましたよ(笑)
とは言え、個人的にはこういうしっとりした和の雰囲気は好みなんですけどね、どうせなら現代じゃなかった方が聴きやすかったかなーという気はしました。水晶の鼻歌が“ふるさと”だったりしますからね、ホントに現代っ子なんだろうかww(笑)

それにしても、有栖川家の女中さんたちはすごいなと。水晶が男の子ってことをすんなり受け入れ過ぎです(笑)男の子だと知ってて若奥様と呼べる女中頭さん、すごいww 
大企業の御曹司の奥様が男の子…後継ぎとかどうするのかなーとか考えちゃいましたが、ま、こういう部分はファンタジー!!これ以上はツッコみません(笑)

お話の初めは結婚式の場面から始まるんですが、その後は長い回想シーンに入ります。その経過の中で攻めの誉が初めの冷血漢な鬼畜キャラっぽいのに、水晶の健気さや前向きさにだんだん絆されていくのがはっきりと分かります。
結婚式の場面を聴いただけだと初めの冷酷な誉なのかなーと思ってたんですが、そうではなく、水晶を好きになった後、水晶が自分の郷里に帰ろうとしたためにこういう態度になっちゃってます。結婚式に至るまでの時間がゆっくり流れるのは好印象ですねーまぁ、出会ってすぐ絡みシーンにはなるんですが(爆)
それにしても水晶を好きになってからの誉のツンデレっぷりが素晴らしかったです(笑)

当て馬キャラっぽかった工藤先生は掻き回すわけでもなく、良い人のままでした。この辺はちょっと勿体無かった気がするかな。水晶に告白はしてるんだけど、水晶にとってはあくまで優しいお医者さんで、工藤先生の告白の意味を理解しないままに終わった感じでした。工藤先生も、水晶に想いは告げたものの有栖川家から自由にしてあげたかっただけ…という感じだったし。
でも、誉の折檻されていた過去がけっこう悲惨なので、置き去りにして逃げてしまった部分では、良い人とも言えなくなってしまうのがちょっと可哀想なキャラでしたね。

最後は甘々。ハッピーエンドは良いです、やっぱり(笑)誉より、水晶の方が大人で包容力があるなーと(笑)可愛いCPでしたvv


で、お声ですよ!!
武内くん、可愛い、可愛いww(黙れ)何でこんなに可憐なんでしょう(笑)私の苦手な受け受けしい子にはちがいないのに、嫌味がないんですよー。これはお声の力だと思います。お声から水晶の誠実さが伝わってきました。
雨の中、倒れるシーンとか、健気過ぎてなでなでしてあげたくなります(笑)こんな可愛い声の子なら女中さんたちも可愛がるよな!とww工藤先生に誉への想いを語るとこが好きでした。涙ながらに話すのがすごく切なくなって良かったですね~。
ファンの方は武内くんの可憐な演技を聴くだけでも買う価値有りではないかとvv

誉の子安さんは初めの方の誉がお得意な声なのではないかと(笑)キッチーなキャラ、素敵でしたvvでも1番良かったのは、水晶が失神したと知って大慌てで帰ってきた時のツンデレっぷり。野蒜を食べたときの「美味い……んじゃないか??」とか大好き

神尾@平川さんみたいなキャラ、いいですねー。キレ者の秘書って感じで。紹介文に黒猫とありましたが、まさにそんな感じ。平川さんのこういうキャラのお声は初めて聴いたんですが、とってもカッコよかったです

工藤先生@千葉さんファンの方には、キャスト買いはあまりオススメしません。出番的には最初と最後にちょこちょこっと出てきた感じなので。でも、優しいお兄さんなお声で、とっても素敵でした

絡みは一応3回??初めの無理矢理な絡み以外はすごく短いですが(爆)最後のらぶらぶになってからのはゆっくり聴きたかったのでちょっと残念だったな。とは言え、武内くんも子安さんも色っぽかったですよ


【好き度】★★★☆☆ ストーリー的にはツッコミどころ有ですが、武内ボイスにヤラれちゃいましたので(笑)可愛い、可愛い、可愛い…(エンドレス)

Dramatic CD Collection 有栖川家の花嫁 Dramatic CD Collection 有栖川家の花嫁
イメージ・アルバム、武内健 他 (2006/12/28)
ムービック

この商品の詳細を見る



↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  


【原作者】樹生かなめ

【キャスト】
堀慧一:武内健、高須賀和正:一条和矢
堀慧二:成田剣、甲斐佳之:増谷康紀、設楽涼一:笹沼晃  他

【あらすじ】
まだ3年目なのに、異様に仕事の多いサラリーマン・堀慧一。待望の新人・高須賀和正は長身でやたらと凄味の入った男前。不安だった堀だが仕事の覚えも早く話も合い、デキる新人に一安心。ところが突然、堀が好きだと告白をしてきた高須賀。脅すような台詞とは裏腹にすねる様がやけに可愛く見えて、とりあえず友達から、と付き合い始めた堀だが…。

【レビュー】
はっきり言いましょう!キャスト買いです!(爆)
最近お気に入りな武内くんと笹沼さんがいるから・・・それに一条さんと増谷さんって某ゲーム万歳!な感じですから(笑)声だけでも楽しめるだろうと。ただ、何で今まで買わなかったかと言うと、この原作者様の小説が苦手なんです;大好きな櫻井さんが出てるから色男~の原作を読んであー・・・ダメだ;苦手だ;と感じてしまって;;その後、他にも読んでみたんですがやっぱり苦手でして、不安を抱きつつこのCDを聴いてみた結果、やっぱりダメでした;

ツッコミどころが多すぎると言うか;まず受けの心情がよく分からない;自分で成功すると言ったとはいえ、ノンケなのにすぐに「友達から」ってOKしちゃうわ;その日のうちに家に連れてきちゃうわ;良い後輩の顔で家事してもらってほだされてるわ、流され過ぎだろ;;と。しかも、その男が昔、自分の彼女を寝取った人物と同一人物だということに全く気が付かず;気の毒と言えば気の毒だけど何だかなぁ;;と正直思っちゃいました;

んでもって、攻め。これまた受けの気持ちはまーったく考えてない鬼畜っぷり。鬼畜は嫌いじゃないけど、こーゆうのはイタダケナイなぁ;;最後、別れるって言わないように、コトの最中に念書を書かせると言うなんともぶっとんだ人です(笑)もー思わず失笑。ずっと好きだったからこその行動らしいですが、その辺もあやふや。ホントこんな悪党に捕まった受け君は哀れです;まーこんな感じでお話は個人的には好みではなかったですね。


でも、このCD、キャスト買いが成功したのかお声がすごく好みだったんですよ。本当なら1回聴いて、CDラックに積むはずなんですが(笑)声が好みなのでしばらくリピート状態ですよ(笑)
一条さんの2枚目優男ボイスとキッチーボイスの使い分けがゾクっとさせられましたし、どっちもいい声~
武内くんは可愛い感じの受けくんでしたv武内くんは実は私の中では某BLゲーのおかげで鬼畜攻めボイスが定着しちゃってるんですが、受けもいいですねーv受け声を聴きたかったので希望が叶って嬉しいです普通の青年声でも天然入ってる受けなので可愛かったvだけど、武内くんが一条さんや成田さんより年上ってのはちょーっと無理が・・・(モニョ)
笹沼さん、増谷さんは出番はちょこっとです。増谷さんと一条さんの会話には違う映像がチラつきました・・・イラストが麻生さんだけに余計(笑)笹沼さんは敬語のお坊ちゃま風。


フリトは短めな割に面白かったです。司会は一条さん。好きな男は?好きなホモは?と聴かれた時の武内くんのちょっと慌てた感じが可愛かった。成田さんは話しの途中で切られてました(爆)そして、笹沼さん。「生きとし、生けるもの全てが僕の恋人です」まーなんて素敵なお答え(爆)先輩声優さんたちがいる中でこのお答えが出てきた瞬間に透葵は完全にノックアウトされました。前にサイトにUPされてたボイスコメントでも「皆の恋人笹沼晃です♪」みたいなこと仰ってた記憶があるんですが、ホントにもぉー大好きです、笹沼さん。爆笑しちゃってこれだけで満腹でした(ヲイ)


【好き度】
★★☆☆☆ お声とフリトは素敵でした武内くんの受け作品増えたらいいなぁ

【原作者】立野真琴 

【キャスト】
ゴウ:石川英郎、タキ:櫻井孝宏
マスター:松本保典、鳩崎:千葉一伸、
パール:宮田幸季、ミチル:笹本優子、ユキヤ:岸尾大輔 他

【あらすじ】
好きで好きで仕方なくても、抱けない愛がある──。バリバリのゲイ・ゴウ&ガチガチのヘテロ・タキ、最強コンビの裏稼業は麻薬の横取り屋!! この関係、どこまで行けば危険地帯(イエローライン)を越えられる…?

【レビュー】
正直、かなりの原作ファンだったので聴くのが怖かったんです。アクションの多い原作を音にするには難しいかなぁって思ってたので。CDで聴くと若干物足りなさを感じるかな?と思ってました。
でも、知り合いの方に勧めていただいて聴いてみると、確かに音では分かりづらい描写があるにはあったんですがキャストがもろハマってたのですごく楽しめましたvv 

キャストについて。
購入前から、嵌るだろうと信じて疑ってなかった(笑)タキ@櫻井さん。その想像通りで櫻井さんのタキは、すごくカッコよくて色っぽかったです!どちらかといえば攻めっぽいお声でしたが、どこか繊細で脆い感じもして、やっぱり想像通りにぴったりでしたvファンの欲目ってだけではないはず!(笑)
初対面の時にゴウに言われた台詞を引きずって素直にゴウの想いを受け入れられないけれど、それでもちゃんとゴウを想ってるタキが切なくてとっても良かった

そして、石川さんのゴウがすっごいぴったりvvタキを好きで好きでたまらなくても最後までは踏み込めない感じとか、何度蹴られたり、銃突きつけられても挑んでいく可愛さとか愛おしくなるほど素敵でしたvvとにかくゴウというキャラが今まで以上に好きになりましたvv
で、このCDの中で透葵的1番のツボ台詞。「ブーブー!変な趣味!変な部屋!変な女!」この言い方がすっごい可笑しかったvv石川さん、お上手ww

とにかくこの二人の掛け合いがすごく楽しくて可愛くてv好き合ってるだろう二人なのになかなかくっつかないもどかしい感じがすごくよかった♪もどかし過ぎてじれったくてたまんなくもなりますが(爆)原作は終了してますが4巻まで散々ヤキモキさせられました(笑)CDでもこのじれったい2人の続きを早く聴きたいです!!アクションシーンもカッコよかったvv絵がない分、多少分かりにくさもあるかもしれないけれどやっぱり、2人の連携は素敵でした!!!

マスターな松本さん。えっと・・・奪還屋?(爆)まあ、偶然だったんだろうということにしましょう(笑)マスターは不思議な人加減がばっちりでしたーw普段の温厚なお声から微妙に変わったシリアスなお声がカッコよかったです。原作でのマスターのこれからを知ってますので、早く聴きたくて、聴きたくてたまりません!!

で、ゲストキャラ。1話の宮田さんの2重人格なパール!もーお上手!!!の一言です。ブラックになったパールの笑い方とか、完全に人格変わっちゃってます。嵌りすぎ!!(笑)

お話的に1番好きだった3話。岸尾さんの繊細なキャラがすごくよかったです!こうゆうのが聴きたかった。岸尾さんの受けはお子ちゃまな受けが多いなー、もったいないなーと思ってたのでちょっと大人っぽさのある儚い少年でとっても素敵でしたww

そして鳩崎の一伸さんがすごいかっこいいvv一伸さんの声、大好きなんです。メインでのご出演が増えるのを、ずっと密かに希望してるのですが(笑)大人で真摯な鳩崎のお声に聴き惚れました本当にかっこよかった。


個人的にはキャストぴったりで大満足でしたwwメインの絡みは3話にちょっとある(しかも幻想)程度ですが、それでもこんなに色っぽい。大好きですww
ストーリーも原作の面白さを失うことなく、忠実に丁寧に作られているように思いました。想い合う二人の気持ちが蜜月に向かうにはまだまだ・・・これからがすごく楽しみです。



【好き度】★★★★☆ とにかく続編が聴きたい!
全く出そうにない続編が激しく待ち遠しいのでこっそり新キャラ、キャスト予想・・・ケイ:鈴さん、カンジ:福山さん・・・かなぁ~。逆でもイイかなぁ。この2人だったら美味しいなぁ~(笑)


<追記>
これを書いたのが2005年8月でUPするために修正している最中(4月6日)にビブロスの倒産を知りました。本当に悲しいですどうか、新しい出版社に引継ぎして、続編を出して頂ける様に心から祈っていますq(T▽Tq)(pT▽T)p

【原作者】梅沢はな

【キャスト】
浅葱高司:飛田展男、桜沢イオン:岸尾大輔、
名神英姿:伊藤健太郎、中牧遊水:市来光弘、
櫂国友:子安武人、高原夕:福山潤、
六波羅ギイ:杉田智和、片山葉流:吉野裕行、ナレーション&トッペ君:遊佐浩二  他

【あらすじ】
 「性」の価値観が劇的に変化している2×××年。将来「性」を売りものにする者たちのための男子校・私立フルブルーム学園で繰り広げられるオムニバス3話。

【レビュー】
どうにもあらすじが書きにくい作品です;;詳しいあらすじが知りたい方は公式サイトとか見てくださいね(笑)、ツッコミどころ満載で多少毒も吐いてますので、この作品が好きな方は反転部分は読まないで下さいませ


うーん・・・まぁ、原作通り・・・ですね;(苦笑)
原作読んでから聴いたので覚悟は出来てましたけども、CDになると余計そういうシーンばっかだなあ;;という印象でした(^_^;)

何でそれが分かってんのに買ったのかと言うと、全ては市来くんのBLデビューCDだったから・・・それだけです(爆)
某ラジオ番組の影響で市来くんの可愛いお声が気になってたのでいかがなものかなー??と。結果、これがデビューかぁ・・・お疲れ様でした;と思っちゃいましたね。ストーリーはAV、SM、ホスト、ペットメイド、アブノーマルなんていう科のある学園の3組のカップルのお話。この時点で設定がいかにぶっ飛んだものか分かるかと思うのですが;;

とりあえず、そのお目当ての市来くんの出てる2カップル目のお話からレビューします。3つのお話の中では甘々担当でしょうかね。バカップルでした(笑)
ホスト科の名神@イトケンさん×ペットメイド科の遊水@市来くん。イトケンさんがやたらテンションの高い攻めくんで鼻息の荒いトコとか妙に可笑しかった(笑)
市来くんはショタっぽいカワイコ受けだったので、初々しさがハマってたように思いました。ただ、イトケンさんがお相手だと市来くんがキャラのせいもあってかなり初々しすぎてちょーっと犯罪ちっくに感じたのは私だけでしょうか(笑)いや、でも、可愛かったですよ。これから出演増えるのかな。次に期待してます(苦笑)

1話は変態理事長(笑)@飛田さん×AV科のイオン@岸尾さん。
岸尾さん、声高いー;;吃驚しました;;透葵は高音過ぎな喘ぎがかなり苦手です;;なので、このキャラはホントごめんなさいでした;話し自体が短い中でほとんどエロしかないってのもなー;;

ストーリーとしては1番まともに聴けたのは3話。これに関しては、エロよりもストーリーがちゃんとあったかなと。ホスト科の帝王・櫂@子安さんとAV科の高原@福山くんのお話。学園に自分を売った元恋人に声も外見も櫂がそっくりでなかなか想いを受け入れられず葛藤してる高原を福山くんが好演されてて切なかったです。子安さんの一途に高原を想う櫂はすごく素敵でしたv


1話ごとにギイ@杉田君と葉流@よっちんの学園紹介が入ってます。これがかなり可笑しかった(笑)杉田君の低音ボイスでアブノーマル科よろしく、危険なワードを次々に言ってます(笑)よっちんはそれを制する役目。漫才みたいでいいコンビでした(笑)この2人はカップルだったりするのかな??
あと、2話に出てくる遊佐さんのトッペくんボイスが可愛いですvv


【好き度】★☆☆☆☆
いろいろ面白い所もあるにはあったんですが、好みからは大きく外れてたので;;やっぱりね、エロだけじゃだめっすね;;モノにもよるんでしょうけど;;
だってストーリーについて語ろうにもストーリーがなーい!!(汗)

このCDで1番の爆笑が保村さんのカワイコ声でした(笑)・・・・ごめんなさいー;;(爆)

【原作】早水しほり

【キャスト】
諏訪冬紀:遊佐浩二、古峰三虎:中井和哉
曽我部藤一:花輪英司、神野要平:三宅健太  他

【あらすじ】
冬紀の甘酸っぱい青春時代をことごとく邪魔した憎い男、幼馴染みの三虎。弁護士の冬紀は、ヤクザ稼業を継いだ三虎と縁遠い世界で平和に生きるはずだった。だが、冬紀の父が病に倒れて事態は思わぬ方向へ。父の跡を継いで組弁護士になれと迫る三虎に、冬紀は監禁・陵辱されるはめに!さらに、三虎の策略によって職を失い、彼女との仲まで引き裂かれてしまう。犯され堕とされ、すべてを失って残されたのは、ひたすらに冬紀を求める三虎、ただひとり。過激すぎる三虎の愛に、冬紀は…?

【レビュー】
初の遊佐さんメイン受けということで期待しまくりで聴いちゃいました脇CPとしては受けもありだったと思うのですが、がっつりメインで受けというのは初めてですから、これが発売決定になった時、どれだけ大喜びした事か(笑)ずっと、なんで無いんだろ?と思ってたので。
聴き始めてすぐ、遊佐さんの色っぽいお声が!吃驚しました(笑)それからしばらく、色っぽいお声が続くので、初受けとしては十分満足させて頂きました!

ストーリーは冬紀が三虎に監禁・陵辱されるはめに・・・と紹介文にあったので、鬼畜なお話なのかなぁと思っていましたが、実際に聴くとそうでもなく、確かに初めの方は怖い感じの三虎も徐々にヘタレ攻めというか、一途で可愛いヤツだということが分かってくるので割と軽めに楽しめるお話だったかなぁと思います。冬紀も流されてるだけの受けなのかなと思っていたら、大人数のヤのつく職業の男たち相手に啖呵を切れる男前さんだったのもすごく良かったです。

キャストはまず、もう何度も言ってますけど(笑)遊佐さんが素敵!
意地っ張りでプライドの高い受け君にぴったりでした。絡みシーンでは思ってたよりも少し高めの掠れたような色っぽいお声vvvO(≧▽≦)Oもっと受けキャラやって欲しいなと本当に思いますね。あと、組の男たちを叱るシーンの男前なこと!素敵でしたvv
三虎@中井さんは、初めの方は怖そうな感じでしたけど(笑)不器用で可愛い攻め君だって言うのがだんだんバレてきて面白かった(笑)中井さんもイメージ通りでぴったりです。
曽我部@花輪さんもすっごく素敵頭の切れる部下という感じで常に冷静なお声でした。
要平@三宅さんは出番は少ないですが、低音の落ち着いたお声でカッコよかったです。もっと要平のお声聴きたかったなぁ。幼馴染みの一人なわけですし、要平の人物像が続編ではもう少し出てくるといいなと思いました。

通販特典も面白かった。
夢オチとは言え、CPが逆転して中井さんの可愛い受け声が聴けるわ、そこにもう一人の幼馴染み、要平が混じったりで、結構貴重なものが聴けた感じでした(笑)これから買われるなら是非リーフ通販で!

フリートークは割と長めで面白かったです。すげぇ怖いーとみんなに言われる中井さんや、何をやってもやくざだと弄られる三宅さん(笑)三宅さん、「刑事もやった!」ってゆってるのがなんだかとっても可愛かったです。遊佐さんは次回はフリトの司会の花輪さんをもっと弄りたいvと(笑)遊佐さんのトーク好きだなー


このCDは絡みのシーンの萌え度が非常に高くて(笑)最後の方のテレフォン×××(笑)がめちゃくちゃ色っぽくて、聴いててテンション上がりっぱなしでした息遣いがすっごいリアルですvv
だからこそ、甘々なのも最後に聴いてみたかったなーというのが正直なところではあるんですが、それは続編に持ち越しに。ストーリーは割とBLではベタな感じもしないではないし、ツッコミどころも多少ありますが、そういうことはとりあえず置いておいて(オイ)遊佐さん受けにどっぷりハマれる作品でしたvv
これから、もっと、遊佐さん受けが増えますように


【好き度】★★★☆☆ 続編に期待してます。遊佐さん受け万歳!(笑)

【原作】桑原水菜

【キャスト】
連城響生:竹若拓磨、葛川 螢:櫻井孝宏
新渡戸 新:三木眞一郎、奥田一聖:小野坂昌也、来宮ワタル:鈴村健一
渡辺奎吾:立木文彦、中宮寺桜:田中敦子、音羽恵子:五十嵐 麗
榛原憂月:関 俊彦   他

【あらすじ】
暴漢に襲われ刺傷を負った榛原だが幸い生命には別状なく、術後、目覚めた榛原は、『マクベス』の出演者を降板させたくないと自分を刺した佐々木を捜し、連れ戻してくれと響生に頼む。響生は榛原の舞台に対する執念に圧倒され、彼の頼みを引き受けた。一方、榛原が重傷だと知らされたケイは、慌てて病院へ向かう。そこで、榛原の病室にいる響生の姿を認めて…。

【レビュー】
大好きなんですよね、神紋シリーズ。原作も何度読むんだというくらい読み返してます。今回も桑原さんが脚本ということもあって前作から2年空いていますが、相変わらず、聴き応えが半端じゃなく、やはり面白く。それからもちろん、声フェチとしては声優さんたちの気迫のこもった劇中劇が堪能できるというのもこのCDの醍醐味です。
ただ、今回も、いいトコで終わり過ぎ!(笑)また、2年待たされるのは辛いなぁ
これに関しては感想を書こうにもなかなか言葉が纏まらなくて、意味を成してないかもしれませんが;;雰囲気だけでも掴んでいただければ幸いです

今回は前回、刺された榛原@俊彦さんのその後から始まりました。なんとか一命を取りとめて刺した犯人が分かりつつもそれが自分の演出する舞台マクベスの主役、佐々木であったことから榛原は病院に運んだ響生@竹若さんに口止めしたため、ケイ@櫻井さんが病院に駆けつけた時に響生がやったことだと勘違いしても何も言えないし、その上、ケイと榛原の病室での穏やかな労わり合うような空気に傷つくわで、相変わらずヘタレっぷり発揮で哀れな響生でした(爆)
ケイと響生はホントに磁石の同極のようですね。くっつこうとすると相手は離れる。相手を思ってはいるのにすれ違ってます。響生がやったことではなかったとケイが気付いて、謝りに行ったら俺がやったって言っちゃうし;;この2人には細かい理屈ナシで寄り添って欲しいのになと切なくなってしまいます

今回の劇中劇は「赤と黒」の稽古から。
オーギュスト復活に掛ける新@三木さんは芝居でも喧嘩腰で、ケイも負けたくないと対抗するあまり、ケイのジュリアンと新のケルビーノは一つの人格でいなければいけないのに完全にバラバラという、2人とも演技力があるからこそのぶつかり合いなので本当に難しいだろうなとおもいましたが、お2人とも強い演技をされてて圧倒されました。ケイの場合、この時点ではやや押され気味で演じなければいけないし、新も押し付け演技と迫力ある演技の違いが難しいと思うし、どんな風にされるのかなと思ってましたが、その熱さにゾクゾクしました。

この後も凄かった。榛原に失望され、ケイは酷く落ち込み一からジュリアンを作り直すため、野良犬の目線になることでジュリアンを掴もうとするんですが、その野良犬になってからのケイの声の変化が凄いです。何かに怯えたような、でも張り詰めた低音で。ここは今回の櫻井さんの演技の聴き所の一つです

新は、榛原に死んで来いと言われ、線路に飛び込もうとした所を響生と奥田@小野坂さんに止められ、オーギュストへの想いをぶちまけ、奥田と赤の神紋の演じるのですが、完全にオーギュストに魅入られ、とり憑かれてしまっている感じが三木さんの演技で凄く伝わってきました。
描かせろー!っていう叫びが特に凄かった。怖いほどにその迫力にゾクゾクさせられました。もちろん小野坂さんも奥田流のクラウデス像を演じてらっしゃって鳥肌ものでした!!

で、マクベスの舞台の後。ケイとワタル@鈴さんのプチ演技バトルがあります。この時点で、この2人の掛け合いが聴けたのが嬉しかった。しばらく直接対決はお預けでしょうから。
いつもチェリベを聴いている雰囲気でこれを聴くと思わず笑ってしまいそうになるのですが(こら)やっぱりお2人とも低音で台詞を叫んでいるのはカッコイイです。

共演者・間宮とケイのキス。
母親がダブって思わず・・・と言うシーンなんですけど、今後を考えるとこのシーンが怖くなっちゃうんですよね;ケイ的にはこれから辛いことが続くので;;
まぁ、それも含めて櫻井さんの演技を次回も期待したくなるんですけど。

今回の個人的なツボは桜さんとホタルのやりとりホタルちゃーん;;っていう桜さんが妙に可愛かったvv


こんなに、キャスト皆さんがハマってる作品って珍しいなと思うし、やっぱり聴いていて重厚なストーリーに圧倒され感動します。櫻井さんファンとしても声フェチとしてもここまで満足できるCDは少ないと思います。
今後の展開では「赤と黒」の決着。ケイと母親の関係。その関係が分かることで変わっていくケイと響生の関係など早く聴きたいところばかりなので続きを早くお願いしたいです!ランティスさん、続編をどんどん出してくださーい!!

それから、こうゆう作品こそ、1回フリトが聴いてみたいな、なんて。
内容の濃いアフレコレポとか・・・是非!お願いしたい所です。


【好き度】★★★★★+ 紳紋は特別です。凄いとしか言いようがないです(笑)

【原作】早水しほり

【キャスト】
諏訪冬紀:遊佐浩二、古峰三虎:中井和哉
曽我部藤一:花輪英司、神野要平:三宅健太、悟桐一孝:高瀬右光  他

【あらすじ】
弁護士で幼馴染みの冬紀を、強引傲慢に口説き落とした若き組長・三虎。ようやく恋人同士になったものの、冬紀を組の抗争から守ろうとする三虎に対し、対等でありたいと思う冬紀は不満ぎみ。ついにはそのことで大ゲンカをしてしまう。……そんな矢先、三虎と敵対する組の組長が冬紀に絡んできて!?

【レビュー】
本当に待ってました!!前作『この愛にひざまずけ』で、遊佐受けに目覚めて(笑)この続編の発売が発表されてから早く聴きたくて、聴きたくて!!
前作の時も書きましたけど、これほど声萌え出来る作品はないんじゃないかと思うのですよ、ホントに(笑)もう、ぶっちゃけ話の内容とかどーでもいい!と思ってしまう程には(オイ)声フェチ的には今回も満足させていただきました

とは言え、レビューなのでストーリーにも触れておきます(笑)一言で言ってしまうと今回は原作は読んでなかったからかもしれませんが、何だかブツ切れな感じがしましたそんなに分かりづらい話ではないので混乱する程ではないんですけど、急な場面転換が多いと言うか、あれ?いつの間に時間進んだの??って思ってしまう所が所々にあったのがちょっと引っかかったですね。原作を読んでたらもっと分かり易かったのかな?もうちょっと自然な時間の流れだったら聴きやすいのになーと思いました。まぁ、小説のCD化だから端折った結果なんでしょうね

前作で冬紀と三虎は恋人になったので、ラブラブな話なのかなーと思ったら、ラブラブはラブラブでも2人の立場的にはそんなに変わってなくて(笑)相変わらず、三虎の惚れた弱みからのヘタレっぷり全開で楽しかったです!CP的にホントに好みなんですよねー。相変わらず三虎の強引さも変わってなくて、恋人になっても冬紀の気持ちを汲みきれず、無理矢理・・・なシーンもあったりなんですが、その成長のなさも一途な冬紀への想いからなので憎めなくて何か可愛いんですよね~(笑)そんな三虎に振り回されてる冬紀も恋人になったが故の悩みを抱えてグルグルしてるんですが、前作と違うのはちゃんとモノローグで恋人と認めてて、好きだと言ってるのでちょっと素直さがUPしてて可愛さが増してて良いです今回、冬紀はそんな可愛さUPのせいか三虎以外にもモテまくりなんですが、ちゃんと三虎という恋人がいるのを宣言してるのも好感が持てました。冬紀が受けか攻めかと言われたら絶対受けなんですけど、受け受けしさがないのもいいですねー。とにかく男前なんですよね。トラブルの対策は潔いし、自分に非があったらちゃんと認める、怒るところはピシッと怒る、こういう受けは大好きですね。
最後、悟桐の告白をかわして、三虎以外の恋人は考えられないって言い切るトコが可愛くてカッコよくてその宣言に大喜びな三虎も可愛かった。なんか、尻尾振ってる犬の図が浮かびました(爆)
一応、恋人同士の喧嘩のお話ですが、結局はラブラブだろ!?ってツッコみたくなるようなバカップルぷりを楽しめましたvvやっぱり、甘々好きだったんだなぁ、私(笑)

で、お声の方を!!
このCDに関しては遊佐さんの色っぽさに尽きます!何で、今までメインでの受けなかったのかなーと首を捻りたくなる様な美人受けですvvもーとにかく色っぽいし、可愛いし、参りました(笑)絡みのシーンの色っぽさはもちろんなんですけど、ごくごく普通のシーンでさえも色っぽいんですよね。
今回、お気に入りの台詞は「バカも休み休み言え。」1回目の絡みのシーンの合間での台詞なんですけど、ちょっとしゃくり上げながら言っててすっごい可愛いですvv
三虎@中井さんは前回同様、怖い感じのお声とヘタレな可愛いお声がどっちも聴けてお得なんですが、今回はキャラも増えたし、冬紀は旅行に行っちゃったしで出番はちょっと少なめでした。
曽我部@花輪さんも、神野@三宅さんはそれ以上に、出番少なめなのでキャスト買いはおススメしません。あ、でも今回も「姐さん!」が聴けます(笑)高瀬さんのお声は私、初めて聴くと思うんですが(多分)、脱サラヤクザっぽく低音で渋いお声でした♪

フリトは13分ほどのけっこうなボリュームでした。ドラマをもうちょっと長くしてくれても(60分ほど)良かったかなーという気もしないではないですが、すごく面白かったです三宅さんだけ抜きで遊佐さんと2人だったのかな。中井さんがバラしてましたが(笑)司会は遊佐さんで、今回も遊佐さんの花輪さん弄りが(笑)三宅さんも「オッス!オラ○○!」を言わされてました(爆)

後、前作も面白かったリーフ通販特典のCD。今回のキーワードは森のくまさん!遊佐さんの歌声が聴けます(笑)キスシーンもなかなか濃厚なのが聴けますが、展開が展開なだけに可笑しいです。
購入されるなら是非、特典付きのをおススメします

とにかくこのCDは素敵な遊佐さん受けを堪能するのに十分なので、気になる方は是非是非聴いてみて下さいませ★

【好き度】★★★☆☆ ちょっと甘いかなー(笑)でも、しょうがないんです、だって私、声フェチなので(笑)

【原作】西村しゅうこ

【キャスト】
沢村優輝:神谷浩史、桂木達哉:杉田智和
本条司:鳥海浩輔、並木:秋元羊介、優輝の父:松山鷹志 他

【あらすじ】
沢村流柔術の後継者・優輝は、かつて自分が裏切った恋人・達哉と偶然再会する。達哉は優輝を今でも恨んでいて、優輝の父親の手術代と引き換えにある条件を突きつける。それは会員制秘密クラブ「騎士堂倶楽部」で達哉の『駒』になることだった。

【レビュー】
西村さんのイラストが好きなのでこの作品の原作は発売前に既読でした。普通のコミックス2冊分くらいの分厚いコミックスで読み応えありだったので、たとえ2枚組でも大幅なカットがあるんだろうなぁと予想していたので、まぁ仕方ないかなぁと思いつつ、最後の達っちゃんもタトゥーを入れるトコまでは聴きたかったなぁというのが少し残念でした。まあ、この部分は本編ではないのでしょうがないんですけどね
本編に関しても原作ほどの衝撃はなかったかなぁっていうのが正直なところで2枚組だからボリュームも十分あったはずなんですけども、なんとなく物足りない感じがしました。これから聴かれる方で原作未読の方は先にCDを聴かれることをオススメします書き下ろし部分に結構いろいろ展開があるので(^。^;)

まず、キャストについて。主人公の優輝は初め、神谷さんって聞いた時正直吃驚しました。優輝はつねに受身の印象があって、こうゆう役ってあまり聴いたことがないような気がしたので。(私が濃いキャラのものばかり聴いてるだけかもですが;)実際、聴くと思ってた以上にハマってたです。
自分が達哉にした罪を償うために達哉からの命令を全て受け入れる子なので、途中すごく痛々しくて可哀想になるんですが、神谷さんのお声で気丈で真っ直ぐな雰囲気がプラスされてすごく良かったです絡みのシーンが、ほぼ無理矢理なものばかりなので叫びっぱなしで本当にお疲れ様でしたって感じでした(笑)
杉田くんの達哉も、吃驚でしたね。もっと低音の方がされると思ってたんで。でも杉田くんも低音キャラお上手ですし、とっても好みのお声でしたこのCDでは達哉サイドのモノローグがほとんどないのが勿体無いなと思えるほど、もう柔術の出来ない優輝を抱きしめて泣くシーンが切なくてよかったです
で、個人的に本当に残念だったトコでもある司!鳥海さんの司、何の文句もなくばっちりで男らしくカッコいい受けで、色っぽかったです・・・なので、司の話もCDで聴きたかったー;;本編でも司のシーンはけっこう削られてた気がするし;;ここが本当に残念でした;優輝を助けに向かう達哉を呼び止める時の「桂木さんは沢村優輝を愛してるんだ」っていう搾り出すような叫びが素晴らしかったです!
並木@秋元さんも原作のイメージぴったりでした♪もっとエロじじいな感じだったらどうしようかと思いましたが(笑)司とのシーン、ちょっと削られてたのが残念でした;


ストーリーはほぼ原作通り・・・だったですが、ちょっとカットが目立って??ってなるトコがやっぱりありました。原作未読ならもっとすんなり聴けたのかもしれませんね。
キャラそれぞれに想いをぶつけるシーンがあって、そこはやっぱり声優さんのお声の力でぐっときました。主従関係なので全体的にシリアスなんで苦手な方にはオススメできませんが、シリアスものが好きな方なら楽しめるのでは?
絡みのシーンは、原作のラブラブになってからの絡みがカットだったので、5回ほどあるんですが無理矢理な感じのばかりです;でも、神谷さんも鳥海さんも色っぽかったですよ
あ、あと、少年期(女性キャストさん)のメイン2人のキスシーンがけっこう衝撃的でした、いろんな意味で(笑)他にも少年期の2人の回想シーンがけっこう出てくるんですが、そこもこの話に大事な良いシーンだったので良かったです。


先に原作を読んでいると思うところがあるにはありますが、2枚組でがっつりお話に浸るには十分なボリュームでした


【好き度】★★★☆☆ 色っぽいお声を聴いちゃって、まんまと鳥海さん受にハマりそうです。・・・まあ既にハマってますけども(笑)


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。