上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日って何でこうも見たいアニメがどばっと重なるんだろう;;今週でハルヒは最終回なわけですが、その代わりに今週からハチクロⅡ、来週からアンジェが始まって、さらに1本増えちゃった(笑)しかも全く被らずにこれはレビューも超簡易になってしまうかもしれませんが、まぁ見たアニメは頑張ってレビューしまっすvv


『涼宮ハルヒの憂鬱』 第13・14話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ・Ⅵ

原作未読者には、若干着いていくのが大変な放送話数のシャッフルだったんですが、この2話を最後に持ってきたかったんだなーというのがよく分かるお話になっていました。

Ⅴ。
突然の朝倉涼子の転校の真相を探りに、キョンを連れて、ハルヒは朝倉のマンションへ。そこで、ハルヒの今までの奇行の理由が語られるんですが、ハルヒのやっていることは、ハルヒが実はすごく常識人で、自分がそれまで面白いと思っていた場所は、どこにでもある平凡な場所だというのを自覚して、そこから抜け出すためにもがいているが故の暴走だったと言うのが分かりました。そんなハルヒの感じているつまらないという感情を語られたキョンもまた何も言い返せないことに憂鬱を感じている。やっと、タイトルの意味が分かった気がしました。

Ⅴの後半はⅣの宇宙人・有希、未来人・みくるの説明に続いて、残る超能力者・古泉の能力について。古泉は自分の能力を見せるため、次元断層の隙間である、実世界から断絶された閉鎖空間にキョンを連れてくるんですが、その時のキョンが可笑しかった。古泉に目を瞑って、手を引かれるんですが「何の真似だ、気持ち悪い」って(笑)前も顔近づけられて気持ち悪いってゆってた気がするんですが、またしても拒否反応(笑)
基本的に良い人な感じのキョンが言うから笑えます。

そして神人の登場。ハルヒのイライラが溜まると閉鎖空間で暴れだす巨人・神人を処理する能力それが古泉の超能力であるというのが分かったんですが、その映像が今回も凄かった。神人を倒すとこも凄いんですが、閉鎖空間が崩れる瞬間がもっと凄かった。ヒビが入って、モノクロの世界が一瞬にして実世界の光を取り戻す。毎度言ってますが、ホント凄かった(笑)
その帰り道、古泉が自分の力について語るんですが、閉鎖空間に埋め尽くされて世界の崩壊を防ぐために自分たちはあって、この力が与えられた意味は分からないし、別に与えられる人間は自分でなくてもよかったと言うんですが、その台詞からしてもハルヒには面白い世界を作りたいと思う気持ちと同時に、その暴走は限界を超えてはいけない、止めて貰わなければと言う気持ちがあるのが分かりました。
しかし、いつもながら古泉の説明は長いし、全く意味が分からない(笑)


Ⅵ。
あまりにも一気に不思議体験を経験してしまい、その上、自分が巻き込まれているのはハルヒに望まれたからだと古泉に言われたキョンは初めっから自分は関係ないと自分自身に言い聞かせる怒涛モノローグ(笑)

ハルヒの機嫌は相変わらず最悪で、それにキョンとみくるちゃんが一緒にいる所を見て、さらに酷くなってるのがちょっと可愛かった。今までなら男子がいる教室で普通に着替えていたハルヒがバニーに着替えるためにキョンを部室から追い出すのも意識してるのがはっきりしてて可愛いし

自宅で眠りについた途端、キョンとハルヒ二人だけの世界に飲み込まれるんですが、ハルヒがキョンと2人で新しい世界にいきたいと望んだ結果だとしたら、ハルヒがどれだけキョンを好きなのかが分かってにやりとしちゃいました(笑)
ハルヒが作り出した世界なので、ハルヒが興味を持てる場所・存在になったので、ハルヒには笑顔が戻って、ハルヒはこの世界でいたら、いつか闇が開けて、もっと面白いことが起こると元の世界に戻るのを拒否するんですが、そこで、Ⅳで未来のみくるちゃん、そして、有希のチャットにあった“白雪姫”が解決策に。2人のキスシーンはものすごく壮大でした。神人の足元で神人が消えゆく瞬間、青い光が包み込んで。キョンの台詞は「ポニーテール萌えなんだ。」っていう笑えるモノでしたが、最後までこの壮大さにはやられちゃいました

結局、そのキスで夢から覚めるけれど、翌朝会ったハルヒがポニーテールだったことでそれが夢ではなかったと分かります。しかしハルヒはホントに可愛いなぁー(笑)
後日談のキョンの私服姿にクラッやっぱキョンはカッコいいなーO(≧▽≦)O 何気にデートな二人の続きが見たかったですが、モノローグが優しくて、素敵な終わり方でした。


あー感想書くの難しい・・・(笑)ストーリーを追っちゃってるだけですみません;;すっごい面白いけど言葉で伝えるには難しいアニメだと思います。ただ一つ言えることは・・・

キョン、好きだーー!!

ここまで、原作も読んでないのに13話の短いアニメの中で一人のキャラが好きになったのはちょっと久々なので、最終回なのがホントに寂しいです。原作にはまだまだ続きがあるようだし、続きもアニメ化してくれるのを密かに待ちますvv
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。