上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻井さんの新番見ました。しばらく笑い転げてました。あそこまでアホキャラだと思わんかったー!!これは楽しみが増えちゃった気がしますよ!!(笑)


『ゼロの使い魔』 第1話 ゼロのルイズ

見た瞬間、魔法学院に黒いマントな制服とスティックでハリポタか!?と思いました。学院長も白髭のおじいちゃんだし(笑)
そう思って見てると主人公のルイズがますますハーマイオニーに見えてきちゃって困りました(笑)まあ、ハーマイオニーよりずっと魔法がちゃんと使えない子ですが、ツンデレっぽさも似てるし(^^;

で、ギーシュですよ!!脇キャラなので1話にはまだ出て来ないかなーと思ったら下手したら1番喋ってました(笑)常に赤いバラを一本持って、もしくは銜えて(笑)無駄に長い台詞をペラペラとナルシー度全開で(爆)悪い子ではないと思うけど激しくウザイ、みたいな・・・いやー面白かった(笑)櫻井さんのお声もかなり珍しい声色と言うか、1番近いのは青猫かな。あれをもうちょっと高くした感じです。こんなアホキャラは珍しいので貴重だわvv

今週の素敵バカ台詞(笑)
・髪をかき上げて、バラを銜えて・・・「お見知りおきを(キラーン)」

「今まで、成功の確率ゼロじゃないかっ!」(ここの櫻井さんの声がめちゃくちゃ高くて一瞬誰か分かんなかった・笑)

「きみの瞳に嘘はつかないよ。」・・・いかにもな鳥肌台詞(笑)

なんか喋るたびにはいはい;;って言いたくなるような子です。そんなギーシュが呼び出した使い魔が・・・目のクリクリしたモグラ!!見た瞬間の、間抜けなギーシュのお顔が可愛かったです(笑)

ルイズが呼び出したのは平民、才人。日野さんのお声ってかなり好みかもvvシャナの時よりなんか良いなーと思いました。しかし、まさか1話からちゅーシーンがあるとは思いませんでした。まあ、契約のちゅーなんですけどね(笑)OPでもそのシーンが初っ端に来るので吃驚でした。

ギーシュと良い、キュルケと良い、夜は自由恋愛タイムなんでしょうか(笑)ギーシュにはこんなでもハートを飛ばしてくれる子がいるんだなーと感心しましたが(笑)、キュルケは日にちで男を変えるほどモテモテな子のようです。

来週はギーシュと才人が決闘するのかな??ヘタレそう・・・楽しみvv(酷)
・・・あれ、おかしいな、ギーシュのことしか書いてない(笑)ま、いいや。今週で分かったのはギーシュはアホっこでヘタレでナルシーでパシリということです(散々だな;;)


★☆★


えーっと、ここからはプチ感想になってます。いっぱい書こうと思ったけど、先週分も残ってるので力尽きちゃったんで(笑)来週からはちゃんと書きます(多分)


『ハチミツとクローバーⅡ』 chapter.1

今週は前作を振り返る総集編ストーリーだったので、感想はパスします。来週からちゃんとレビューしますvvとは言え、前作見てないとこもあるので全部が総集編じゃなかったらゴメンナサイ;;
前作はあんまりちゃんと見れてなかったんですが、やっぱり好きなお声がいっぱいでピュアな恋愛モノってドキドキしますねー。総集編を見るだけで凄く切なかったし。きっと私が少女漫画にハマれる人だったらもっと楽しめるんだろうなと思うとちょっと残念ですが、私なりに楽しんでⅡはがっつり見たいと思いますvv久々の竹本の可愛いお声に癒され、切なくさせられ、来週が凄く待ち遠しいです!


『BLEACH』 第85話 涙の死闘!ルキアvs織姫

イヅルの健気っぷりにやられました!!あの子はまだちゃんとかけがえのない人というくらいにはギンのことを想っていたんだなーと。あの伝説の(爆)ふんどし事件で、既に嫌いになっちゃってんじゃないかと思ってたんですが、アニメのイヅルたんはすごく良い子でしたvv
啓吾を担ぎながら、「僕はね、見た目ほど非力じゃないんだよ」なんて言って、一護に手を引っ張ってあげたりして、すっごいカッコ良いし!原作では放置状態のイヅルたんに見せ場をくれたアニメスタッフさんに感謝です!!

あと、花も凄く活躍してましたね。テキパキ指示を出しながら治療をする花はつい最近まで普通にコンビニの店員をしていた子と同一人物とは思えませんでした(笑)

本編は織姫とリズに身体を乗っ取られたルキアの戦い。私、盾舜六花の声って誰がやってるのか分かってなかったので、椿鬼が森川さんだと分かって吃驚(笑)だって、かなり高い声だし(笑)あと、火無菊がダイサクさんということも吃驚(笑)一言だけど、やたらテンション高かった
そして、ついに修兵も参戦!!相変わらず先輩はカッコいいなぁでてくるだけでカッコよすぎてキュンとしました(笑)
しかし、ルキアが乗っ取られるって言う設定は海燕副隊長と同じ立場に置くってことですよね。オリジナルアニメでよくこれをやったなーと思いました(笑)勇気あるよなー;;

最後、良いシーンなはずなのに、突然無敵になって、ルキアの攻撃に向かっていく織姫にはちょっと笑っちゃいました;;;


『ひぐらしのなく頃に』 第13話 祟殺し編 其の伍 謝罪

祟殺し編最後な訳ですが、さーっぱり分からん;;(笑)すみません何か全てが唐突と言うか、どういう経緯でそれは起こったの??と思わさせることがいっぱいで頭に?が浮かびまくり。
いつの間にやら、鷹野さんが死んで、大石さんが失踪。そして入江先生が自殺。その全てを、圭一が望んだから起こったと言ってるんですが、確かに圭一がそれを望む理由はあるもの、それが起こるまでの説明が皆無なので、さーっぱり分からない;;
その上、梨花の惨殺死体が転がっているのも唐突。これに関しては望んでいないのに起こったわけでさらに??。これは分かりたいなら原作ゲームをしろってことなんでしょうか;;
そして、雛見沢大災害も起こったはいいけど、それがニュースで流れて終わりでなんの膨らましもないので、それまでの事件自体をリセットしたかっただけのように見えちゃいました;;どう考えてもこれだけのことを30分でやるのは無理だったんじゃないかなぁ・・・;;もっと丁寧な説明が欲しかったです;;


第14話 暇潰し編 其の壱 ヒナミザワ

昭和53年。話は遡って、5年前のお話のようです。主人公は赤坂衛。
お声は小野さん。なんか普通の人っぽいお声初めて聞いた気がする(笑)キレた人ばっかり聞いちゃってたんでまだ魅音も幼い感じで当主のお魎さんが登場。親族会議での発言はすごく厳しくて、怪しくて;;誘拐事件に何らかの形で噛んでるのかな??
幼い梨花は観光客としてやってきた新米刑事の赤坂に一緒に行動して観光案内してるんですが、その行動はすごく怪しい;;みーみーやにぱっっていう可愛い声と表情で誤魔化してるけど、その中身は古手家の巫女としての人格?見たいなモノが見え隠れしてて凄く不気味に見えました;;
今まで3つの話の根底になる話だからこの話で少しは今まで謎だった部分も分かるかな??しかし、大石さんはこの頃からむちゃくちゃ不気味だな;;




.hack//とスクランはまた後日ー。
ケロロとガラ艦は気が向いた時だけのレビューになりそうです;;量多すぎだし;;(苦笑)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。