上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

という訳で3連続更新のラストです~。
ちらっと、新たな人物が出せました!個人的にとても理想なヒトにしたいなと思っています。

ガッツリ出てくるのは次からなので、もうしばらくお待ち下さいませ♪やる気のあるうちに書き溜めてまた一気にUPしたいと思います



<注意事項>

残像は、透葵のオリジナルBL小説です。
BLに抵抗のある方、BLと言う言葉自体が分からない方は、読まないで下さい。
注意書きを無視して読まれた後の責任は負いかねます;;

問題ナシ!読んでやろうじゃないかと言う方は続きからどうぞ!!


~7~


アパートの近くの駅で電車に乗ってから、1度乗り継いで、そろそろ2時間が経つ。
車窓には見慣れた風景。もうすぐ、降りなきゃいけない。
そろそろ準備しようかと棚から少し大きめの鞄を下ろし、抱えたまま再び座席に着く。
僕は車窓をじっと見つめながら、ふと子供の頃のことを思い出した。



僕が小4くらいの頃だったと思う。
一人で遠出した時、たった一度だけ降りなきゃいけない駅から30分以上寝過ごしてしまったことがあった。
目が覚めた時は流石に焦って、これからどうしようか頭を抱えたが、心の隅でこのまま乗っていけばどこに行くのだろうとワクワクしたのを覚えている。


―――――このまま通り過ぎてしまおうか。

あの時みたいに・・・そんな風に思った。
このまま誰もいないところまで行けるのなら、そうすればきっと何もかも忘れてしまえる。
最低な自分からも逃げてしまえるかもしれない。
そんな気持ちに揺れて、1度、棚から下ろした荷物を戻そうかと立ち上がった。




その時、実家への最寄駅の一つ手前の駅のアナウンスが入った。
電車が停車すると同時に何人かの客が降りて、人数の少なくなった車両には空間が出来る。


「あれ、柚希くん?」


逃げ道を探す僕を引き止める声。
立ち上がった所を見つけたんだろう、その人が穏やかな表情でだんだんと近づいてくる。
懐かしく響く、その声の持ち主が真っ直ぐ僕を見つめていた・・・。
忘れもしない、綺麗な横顔・・・。


もう逃げられない。その声は僕を捕えるには充分過ぎた――――。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。