上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原作】早水しほり

【キャスト】
諏訪冬紀:遊佐浩二、古峰三虎:中井和哉
曽我部藤一:花輪英司、神野要平:三宅健太、悟桐一孝:高瀬右光  他

【あらすじ】
弁護士で幼馴染みの冬紀を、強引傲慢に口説き落とした若き組長・三虎。ようやく恋人同士になったものの、冬紀を組の抗争から守ろうとする三虎に対し、対等でありたいと思う冬紀は不満ぎみ。ついにはそのことで大ゲンカをしてしまう。……そんな矢先、三虎と敵対する組の組長が冬紀に絡んできて!?

【レビュー】
本当に待ってました!!前作『この愛にひざまずけ』で、遊佐受けに目覚めて(笑)この続編の発売が発表されてから早く聴きたくて、聴きたくて!!
前作の時も書きましたけど、これほど声萌え出来る作品はないんじゃないかと思うのですよ、ホントに(笑)もう、ぶっちゃけ話の内容とかどーでもいい!と思ってしまう程には(オイ)声フェチ的には今回も満足させていただきました

とは言え、レビューなのでストーリーにも触れておきます(笑)一言で言ってしまうと今回は原作は読んでなかったからかもしれませんが、何だかブツ切れな感じがしましたそんなに分かりづらい話ではないので混乱する程ではないんですけど、急な場面転換が多いと言うか、あれ?いつの間に時間進んだの??って思ってしまう所が所々にあったのがちょっと引っかかったですね。原作を読んでたらもっと分かり易かったのかな?もうちょっと自然な時間の流れだったら聴きやすいのになーと思いました。まぁ、小説のCD化だから端折った結果なんでしょうね

前作で冬紀と三虎は恋人になったので、ラブラブな話なのかなーと思ったら、ラブラブはラブラブでも2人の立場的にはそんなに変わってなくて(笑)相変わらず、三虎の惚れた弱みからのヘタレっぷり全開で楽しかったです!CP的にホントに好みなんですよねー。相変わらず三虎の強引さも変わってなくて、恋人になっても冬紀の気持ちを汲みきれず、無理矢理・・・なシーンもあったりなんですが、その成長のなさも一途な冬紀への想いからなので憎めなくて何か可愛いんですよね~(笑)そんな三虎に振り回されてる冬紀も恋人になったが故の悩みを抱えてグルグルしてるんですが、前作と違うのはちゃんとモノローグで恋人と認めてて、好きだと言ってるのでちょっと素直さがUPしてて可愛さが増してて良いです今回、冬紀はそんな可愛さUPのせいか三虎以外にもモテまくりなんですが、ちゃんと三虎という恋人がいるのを宣言してるのも好感が持てました。冬紀が受けか攻めかと言われたら絶対受けなんですけど、受け受けしさがないのもいいですねー。とにかく男前なんですよね。トラブルの対策は潔いし、自分に非があったらちゃんと認める、怒るところはピシッと怒る、こういう受けは大好きですね。
最後、悟桐の告白をかわして、三虎以外の恋人は考えられないって言い切るトコが可愛くてカッコよくてその宣言に大喜びな三虎も可愛かった。なんか、尻尾振ってる犬の図が浮かびました(爆)
一応、恋人同士の喧嘩のお話ですが、結局はラブラブだろ!?ってツッコみたくなるようなバカップルぷりを楽しめましたvvやっぱり、甘々好きだったんだなぁ、私(笑)

で、お声の方を!!
このCDに関しては遊佐さんの色っぽさに尽きます!何で、今までメインでの受けなかったのかなーと首を捻りたくなる様な美人受けですvvもーとにかく色っぽいし、可愛いし、参りました(笑)絡みのシーンの色っぽさはもちろんなんですけど、ごくごく普通のシーンでさえも色っぽいんですよね。
今回、お気に入りの台詞は「バカも休み休み言え。」1回目の絡みのシーンの合間での台詞なんですけど、ちょっとしゃくり上げながら言っててすっごい可愛いですvv
三虎@中井さんは前回同様、怖い感じのお声とヘタレな可愛いお声がどっちも聴けてお得なんですが、今回はキャラも増えたし、冬紀は旅行に行っちゃったしで出番はちょっと少なめでした。
曽我部@花輪さんも、神野@三宅さんはそれ以上に、出番少なめなのでキャスト買いはおススメしません。あ、でも今回も「姐さん!」が聴けます(笑)高瀬さんのお声は私、初めて聴くと思うんですが(多分)、脱サラヤクザっぽく低音で渋いお声でした♪

フリトは13分ほどのけっこうなボリュームでした。ドラマをもうちょっと長くしてくれても(60分ほど)良かったかなーという気もしないではないですが、すごく面白かったです三宅さんだけ抜きで遊佐さんと2人だったのかな。中井さんがバラしてましたが(笑)司会は遊佐さんで、今回も遊佐さんの花輪さん弄りが(笑)三宅さんも「オッス!オラ○○!」を言わされてました(爆)

後、前作も面白かったリーフ通販特典のCD。今回のキーワードは森のくまさん!遊佐さんの歌声が聴けます(笑)キスシーンもなかなか濃厚なのが聴けますが、展開が展開なだけに可笑しいです。
購入されるなら是非、特典付きのをおススメします

とにかくこのCDは素敵な遊佐さん受けを堪能するのに十分なので、気になる方は是非是非聴いてみて下さいませ★

【好き度】★★★☆☆ ちょっと甘いかなー(笑)でも、しょうがないんです、だって私、声フェチなので(笑)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。