上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前にUPしたのが7月・・・orz
ホント久々ですみませんー;;完全に放置してました;;
書く気が無いわけじゃないんですけどねー;;(^^;
書き溜めてある分をまた少しずつUPしますので興味のある方は是非

今日のは繋ぎの部分なので激しく短いです;;


<注意事項>

残像は、透葵のオリジナルBL小説です。
BLに抵抗のある方、BLと言う言葉自体が分からない方は、読まないで下さい。
注意書きを無視して読まれた後の責任は負いかねます;;

問題ナシ!読んでやろうじゃないかと言う方は続きからどうぞ!!


BNはこちらから。




↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとしてやって下さると嬉しいですvv


  



~8~

「たった1年なのにね、一瞬分からなかったよ。」

歌うように優しい低音―――――明日香がそう話していたのを覚えている。その一時は何もかも委ねて甘えてしまいそうになる声。
僕より10cm程高くから少し見下ろすように微笑む笑顔。茶色がかった黒髪と瞳、薄い唇、細く尖った顎・・・あの人が僕を見ていた。

「奏一さん・・・」

そう名前を呟くと、彼がにこりと笑った。そして・・・

「昔みたいに呼んでくれないの?」

そう言った。
何も知らないが故の温かい言葉・・・それは本来、僕に向けられるべきものではない。けれど、僕は、まるで罪を許されたかのようなその響きを得て、甘えるようにその名を唇に乗せた。

「・・・カナさん。」
「そう、それそれ!…久しぶりだね。」
「お久しぶりです。」

カナさん、僕がつけた愛称。歌うような声にぴったりの綺麗な名前。
今だけ・・・許されるのであれば今だけはその呼び方で呼んでおこう。もう呼べなくなるかもしれないから。



僕等が降りる駅のアナウンスが入り、僕は仕方なく降りる決心を固めた。

「じゃ、行こうか?」
「はい。・・・そうですね。」


誘導する彼の声に、僕が逆らえるはずなんてなかった。
この人はあの日の横顔の持ち主・・・そして“明日香のお兄さん”なんだから。

 
 
  
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。