上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからオリジナルが入らない限りはユウはあんまり出て来ないのねー;;寂しいー;;

マテールからホームへ帰還中のアレンとトマは「アクマだ!殺されるー!」という子どもの叫び声を聞いて駆けつける。その子の名前はジャン。大人たちが誰も信用しない中、「アクマはいる、このおっちゃんは千年伯爵に殺されたんだ」と必死に訴える。彼の言うことは嘘ではなく、大人たちがいなくなった後、アレンはそのアクマを速やかに破壊する。
ジャンの声は三瓶さん♪ぴったりで可愛いーーアレンに飛びつくジャン、可愛いなーvv押し倒されて、真っ白、抜け殻状態なアレンも可笑しい

ジャンの父親は黒の教団の科学者。父親の研究資料でアクマの存在を知ったジャンは親友のレオと一緒にアクマを調べるためにパトロールをしていると言う。
ジャンに“貧弱”って言われて、ユウに言われた“モヤシ”も同時に思い出して、2重でズドーンと凹むアレンが可愛い(笑)ユウのモヤシ発言、エコーかかってたし(笑)早く帰るように言うトマは心配性でなんかいいなぁーイイヒトだvv
エクソシストであるアレンに興味津々のジャンに、アレンは自分がアクマに襲われている過去を思い出して、パトロールはもう止めるように言うが、ジャンはまともに話を聞こうとしない。玉ねぎ爆弾恐ろしいー!(笑)ティム、逃げ足速いし(笑)

ホームに戻ってきたアレン。みんな忙しそうで誰もおかえりと言ってくれず寂しそうみんながへばってる中、一生懸命働いてる65号かわゆい!!リナリーもアレンを見て、「何?」って酷ぇ!!(笑)

おかえりと言ってくれたヘブラスカ。アレン嬉しそうそして、アレンはララのイノセンスをヘブラスカに保管して貰うために預ける。現時点でヘブラスカの元にあるイノセンスは41個。

アレンの過去。マナの「立ち止まるな、歩き続けろ!」と言う言葉を夢に見るアレン。食堂に向かうが、リナリーに入っちゃだめ!と止められる。最強リナリーでた!すっごい怖いよー(笑)
リナリーに聞いて、ジャンの父親だと言うジェイク・ラッセルに会うが、計算に夢中でジャンの話をしても全然耳を貸そうとしない。

みんなが冷たかったのは歓迎会の準備を密かに食堂で行っていたから。ジョニーいっぱいご飯作って頑張ってた!!(笑)しかし、アレンはいなくなっていた。アレンはジャンの元に一人で向かっていた。アレンがいないことに気がついたトマはアレンを探すリナリーにジャンについていたファインダーが殺されていて一人で向かうのは危険だと言う。リナリーとトマはアレンを追う。
アレンがいなくなった後、コムイはリナリーがいなくなって暴れてるし、ジョニーは無駄になったご飯を自棄食いしてるし。おもろい[わーemoji:v-352]

ジャンの元にやってきたレオ。レオの母親が死んでから初めて会ったレオは明らかに雰囲気が変わっていた。ジャンがアクマと千年伯爵の話をすると、レオは来てほしい所があると外に連れ出す。ジャンの家に来たアレンはジャンが倒したでっかいメイドロボットにまたしても押し倒されてるし(笑)

アレンが倒れてる隙にレオに連れられてジャンがやってきた場所には千年伯爵がいた。玉ねぎ爆弾を投げてレオに逃げようと言うが、レオは動こうとしない。レオはすでに死んでいて、そこにいるのはレオの皮を被ったアクマだった。そこにやってきたアレンが破壊しようとした時、レオがすでに死んでいてアクマを生んでしまったことを信じれず、涙声になってジャンがレオを庇うのが切ないな;;アレンが呪いを受けた時の表情が笑顔なんだけど妙に怖い;;(苦笑)

アクマはヒトの心が生むもの、レオは伯爵の力を借りて母親の魂を呼び、アクマにしてしまった。対アレン武器を持つアレンは体内の呪いは自分で除去できる。アレンは呪いを消して、伯爵に自分の目のことを話す。アレンの目がアクマを見えるようになったのは自分が父親をアクマにしてしまった時に受けた呪いによるものだった。「ハジメマシ…テ?」って伯爵が言ったのはその時、既にアレンと会ってたから。来週はアレンの過去の話からっぽいな。この話は来週で終わりそうかな??

しかし、リナリーの動きは早いイメージがあるので、アレンの元に駆けつけるリナリーとトマの動きが遅いのには笑った。普通に走ったらそんなに早くないんだ(笑)


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとしてやって下さると嬉しいですvv


  


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。