上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は食料品の買出しで、スーパーに行ったんですが、行く前に11月11日ってポッキーの日だよなーと思ってたので、ポッキー買って帰ろうかなーと思ってました。
そしたら、スーパーには不自然なくらいの鮭の切り身が!!何事かなーと周りを見たら、本日は鮭の日!だとまーったく知らなかったんですが、こういうのって常識なことだったりするのかな??知らないの私だけだったらどうしよう(笑)あんまりにも並んでるから晩御飯と保存分に2パック買っちゃったww
おかげで、すっかりポッキーのことが頭から飛んじゃって買い忘れる始末。しかも、結局、その日の晩御飯はクラムチャウダー風のスープスパに変更しちゃったので、鮭の日すらもシカトしました(笑)
食べ物の記念日なんて透葵の頭には残ってくれないようです鮭はおかず作るの面倒な時のために冷凍庫で保存ースープスパのアサリ美味かったなー(所詮、食べたいもの優先!!)


急に寒くなってきたので、衣替えを出来るとこまでやって、コタツと電気毛布を出して、灯油を運びました;;これがけっこう疲れる昨日はスーパーで食料品を買い込んできたし、とりあえずの冬支度は出来たかなー完全に冬になるまでに色々と準備を済ませておかないと田舎の冬はマジでキツイから(苦笑)


★最近読んだモノ

アニメージュ 2006年 12月号 [雑誌] アニメージュ 2006年 12月号 [雑誌]
(2006/11/10)
徳間書店

この商品の詳細を見る

普段、声優雑誌は買ってもアニメ雑誌はあんまり買わないのに今回はすかさずゲット!すいません、完全に付録目当てです(笑)
だって、コードギアスの設定資料と薔薇乙女のトランプですよ!!透葵的にはこれは買っておかなきゃだめだろ!?ってことで(笑)コードギアスは雑誌自体も巻頭11ページで特集だったし、設定資料も細かいアニメの線画が見れて嬉しかったソファーで寝てるスザクが可愛かったし
ローゼンメイデンのトランプはケースの表絵は原作絵で、後はアニメ絵です、やっぱり可愛いートランプ大好きなんですよねー。付録でついてたら買っちゃう。マ王のトランプがついてた時も買っちゃったしコードギアスもついでにトランプになってくれたりしないかなぁ(笑)


BLEACH (24) BLEACH (24)
久保 帯人 (2006/10/04)
集英社

この商品の詳細を見る

またしても、買うのおそくなっちゃったギンイヅ不足だからなー(笑)とは言え、ギン出てきましたけどね、ちょこっと。んーやっぱり隊服のギンがいいなぁq(T▽Tq)(pT▽T)p イヅルたんの側にいないギンなんてー(涙)いや、まぁそれでもギンはそこにいるだけでカッコいいと思うけどね(笑)
今回は一角がめちゃくちゃカッコよかったそうかー、隊長に任命されたら剣八と一緒に戦えないから卍解出来ることを隠してたのかー。11番隊の絆はホント深いなぁ。一角と弓親にはずっと一緒に11番隊にいて欲しいなぁ。それで、やちのイイ玩具でいてほしい(笑)
そこで、大胆予想。3・5・9の隊長の後を継ぐのは誰か!(どうせそんな話は出てこないだろうから勝手に呟きます・笑)やっぱり、9は乱菊さんだったらいいなぁ(笑)修兵、舞い上がって仕事できないぞ、きっと(爆)先輩はクールなイメージだったのに、24巻読んで激しい妄想癖の持ち主だとインプットされちゃったよ!!私の好きな先輩が見事に崩れていくーヽ( ´¬`)ノ
5は恋次かなぁ、在籍経験あるし。卍解できるからどれかの隊長にはなりそうだなぁ。3はやっぱりイヅルで。ってか他に無理だろう、ギンの後は(笑)仕事溜まりまくってるだろうしきっと誰もなりたがらないと思う!(酷)

破面編に入ってさらにキャラが増えて、ほとんど名前が覚えられない状況になってます(笑)死神だけでも多いっちゅーのに。これはもう、イヅルたんの出番を願うのは無謀ですか?…そうですかorz ジョーのヘタレっぷりはなかなか可愛いその他のキャラは覚えられないです、勘弁してください(笑)カタカナ苦手なんだよー!!


ZOMBIE-LOAN 7巻 初回限定版 ZOMBIE-LOAN 7巻 初回限定版
PEACH-PIT (2006/10)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る

ぶっちゃけあんまりAローンが好きじゃないので、今の展開はちょっと好みじゃなくなってきてます特典CDの方は3人とも結構可愛かったし、本編でも最後の方は鶫が男前だなーとは思ったんですけどねこれは完全に好みの問題です;;透葵は完全にZローン派なので(笑)

チカが壊れて、チラッと過去の幼いチカが出てきましたが、チカがお金への執着はこの過去からも来てそうですねー。お母さんに放置され、学校では財布泥棒だと疑われ;;よく今の素直で元気なチカになったなーって思うよ芝も本格的に行動開始しましたねー。エセ死神な芝、すっごい好きどんどん黒く、エロくなってくれたらいいよ!(笑)ちっちゃいザラメも一瞬元に戻って死神VSエセ死神な絵が見れたのは嬉しかったなーみちるは本当にモテモテですね~。ザラメまで!!(笑)ヨミとの関係も気になるし。

でも今回1番透葵の目を惹いたのは、扉絵とCDが入ったケースに書かれてる数匹の仔猫に乗っかられて困ったお顔のシトめちゃくちゃかわゆいー!!!O(≧▽≦)O あの可愛さは犯罪だと思います!!捕獲されるぞ!!(笑)


探偵青猫 5 (5) 探偵青猫 5 (5)
本仁 戻 (2006/10/30)
芳文社

この商品の詳細を見る

待ってました!!の5巻です。4巻から結構間が空いた気がする;;今回は早乙女伯爵メイン3話収録されていて、全部早乙女伯爵絡みのお話でした。
初めは鶯と伯爵。青猫が鶯に会う前の2人ですねー。やっぱり鶯は賢くて上品で色っぽいよー!大好きーそんな鶯の気持ちを手に取るように悟っている早乙女伯爵も素敵過ぎ!!もしかしたら親子なんじゃ?と思わせる節もあったけど、そこはあまり考えなくてもいいんだろうな。あー鶯も出して続編CD作って欲しいよぉ!!希望キャストはうえださんか遠近さんだったり鶯の口調を取るならうえださんはきっとお上手に演じて下さるだろうなーと思うし、上品さを取るなら遠近さんの美人声がぴったりだと思うなぁあー聴きたいよぉー!!

2話目は猫パパと早乙女伯爵。
まさかここがデキてたとは(笑)青猫を男爵にする後ろ盾になったのもこういう経緯があったからなんですねー。猫パパ色っぽいなぁー。そりゃあ、息子も色っぽく育つよ(笑)
10年もの駆け引きの末に想いが通じ合ったのに、その後、あの事件に続くんですねー;;切ないーでも、毎月20日に夢で会っていたり、また会う時のために詩を推敲し続けたりとか、切ないけど本当にロマンチックだなぁー

最後はおばかちん蜂王子くんが催眠術をかけられ、早乙女伯爵に一目惚れしたり、盗みの手伝いをさせられるギャグ話。他の2話がしっとりした雰囲気だったのでそのギャップにめちゃくちゃ笑った特に英隆マジックには爆笑だったわ最後、呪いの水蓮鏡を捻り潰す蜂王子くんが男前過ぎる


是-ZE- 4 (4) 是-ZE- 4 (4)
志水 ゆき (2006/10/30)
新書館

この商品の詳細を見る

こちらも楽しみにしてた続編です。玄間編完結ということで、3巻の最後で氷見が玄間を庇って刺され、消えてしまった後の話です。めちゃくちゃ気になるところで終わったもんで、続きを読むのをすっごく楽しみにしてました
核が壊れ、魄死状態になってしまった氷見を和記の手によってもう1度再生させたものの、それは姿かたちは同じでも、玄間をご主人様と呼ぶ今までの全ての記憶を失った氷見になっちゃって…っていうのがすごく切なかったんだけど、それだけじゃなくて、玄間が刺された後、癒せば済むことなのに、自分の本物の主人でもない玄間を庇って消えた、その意味は、記憶がリセットされて再生してでも玄間だけの紙様になりたかったからなんだろうなっていうのが分かって、キュンとしました。やっぱり主従愛っていいなぁー氷見が健気すぎて痛々しくもあるけど、玄間も不器用なりに氷見のことが大好きなのが分かるから萌えました描き下ろしのバカップルぶりも素敵もうすぐCDになりますが、玄間と氷見、誰になるかなぁー。希望では三宅さん、遊佐さんとかダメですか?『この愛にひざまずけ』のフリトを聴いてから、無性にこのCPが聴きたいだけなんですが(笑)でも、けっこういい感じだと思うんだけどなー。

後半は双子の言霊使いを持った紙様・初陽の話。
こっちは玄間編のシリアスさと打って変わって、ギャグとエロ担当な感じでした(笑)初陽がお顔は女の子みたいに可愛いのに、中身は結構男前なのが好感を持てました双子にいいようにされてる、3○シーンは非常に濃かったです(笑)3人とも魅力的なキャラだし、双子の言霊使いは同時に言葉を発しないと効力を発しないため、周りに色々言われたり…っていう過去もあるようなのでそういうシリアスな展開も読んでみたかったなぁ。と思いました。
あと、相変わらずラブラブバカップルな雷蔵&紺とか、どこからツッコめばいいのか分からない櫻花の兄弟(姉妹?)の写真とか、獣・琴葉の大暴走の責任を全部負わされる可哀想な近衛とか、いつものメンバーもすごく面白かったです

5巻は予告を見る限り、男前同士のCPのようで次がまた楽しみだー


DOG STYLE 2 (2) DOG STYLE 2 (2)
本仁 戻 (2006/11/10)
リブレ出版

この商品の詳細を見る

来ましたよーー!!犬スタイルー!!
これ、今現在、透葵が持ってるBLコミックスの中で1番萌えてるかもしれません。テルとミキティがとにかくカッコよくて、可愛くて本当に大好きです
1巻ではお互い特別な存在がいながらも、お互いを空気のような存在に感じて近づいていく感じだったのが、2巻では柏兄弟といろいろあったり、ミキの過去が出てきたりで、かなり近づいて恋愛モードに入ってきました初めの絡みシーンも、1巻とは比べ物にならないくらいミキが色っぽくてGJ!!

初めて、ミキがテルの家にお泊りに来るところはかなり萌えましたテルが溜め込んでる気持ちをミキに吐き出したり、ミキはミキでいやなことを発散してたり、空気みたいな相手だからこそ、そんな風に出来てるのがすごくいいなーと思います。あと、テルが反則的に可愛い!!子犬モードだったり、猫っ毛だったり、いつかリバになるんじゃないかと思えてしょうがないんですが(笑)それはそれでいいと思うけど
最後はかなりいい雰囲気だったーこれはもう、このまま両想いで突っ走って欲しいけど、柏兄弟が黙ってるとは思えないしなぁ(笑)ミキがどんどんテルに惚れてると自覚していく様が可愛くてしょうがないよっ!!

この2人、ホントに好きだなー。もしCDになったら、これこそチェリベコンビで聴きたいなーって思ってたり無意識で読んでたはずなのに、いつの間にやらそれで変換しちゃってたので(笑)特にテルは鈴さん!って感じがするなんか本のレビューのはずなのにCDの希望キャストばっか書いてるなぁやっぱ声フェチだわ(笑)
あーはやく続きが読みたい!!GOLD買おうかなー


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


管理人の承認後に表示されます【2006/11/28 16:34】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。