上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想シーン。川縁に座るアリスとジロー。
アリスはジローに「君はもっと周りに目を向けなきゃ!」と言う。水や川、そして海。全ては同じ水だけど、海までなってしまえばそれが強いかどうかなんて問題ではなくなる。血も同じ。「僕らの本当の価値は水ではなく、海足り得るにことにあるんだ。ジローは海になれるかな?」
「しょ、精進します。」ってちょっと緊張して答えるジローが可愛い

本編。
爆破されてしまったミミちゃんのアパートの部屋。ホント、可哀想な扱いのヒロインだなぁ;;それでも自分の部屋だけが爆発されたことを「良かった」、「ちょっと感動した」って言えるミミちゃんはカッコいいなぁ
泣いたコタロウに「ミミコさんが泣いてないんです、お前に泣く資格はありません」と戒めるジローにも、必死に涙を拭うコタロウにもぐっときたなぁ。その後の内心怒り爆発なジローもカッコイイ

船の上からオーギュストの行動を監視していたザザ。
やっぱりオーギュストはザザが前にやってた実験と同じ状況だったのかー。銀刀と完全にこじれてしまったオーギュストをもう放っておけないとヤフリーにまた斬りに向かわせようとするが、既にヤフリーはいなくなっていた。
ヤフリーの勝手な行動がカーサにバレたら…とヘタれるザザ、ちょっと可愛い(笑)鳥さんのヘタレ声好き!(笑)カーサから電話がかかってきて、ビビって声が裏返るのも可愛いわ(笑)

カンパニー本部に来たミミちゃん。
そこにはカンパニーの首脳部の他にセイ、ケイン、ゼルマンも来ていた。ミミちゃんに謝るセイ。ケインはオーギュストに相応の代償を支払わせるといい、この場で第2・第3のオーギュストを生まないための話し合いを始める。
ケイン、セイ様以外にはホント愛想ないな(笑)ゼルマンとも仲悪い

その頃、夜会のアジトでも、オーギュストと同じような状態に陥った吸血鬼がサユカがいる前で仲間を噛み、その仲間もオーギュストのようになってしまう。

ゼルマンが口走った、(ジローが)始祖殺しと言う言葉。始祖殺しってどういうことだろう…??やっぱり?アリスのこと??うーん。
その言葉に怒りを露わにするセイ。さすが、黒姫の弟!すっごい迫力だー。ミミちゃんが立ってられないくらいの気迫。さすがのゼルマンも吃驚してた(笑)
そこに、コタロウがやってきて、ジローがオーギュストの洋館に乗り込んだことを知らせる。ゼルマンに兄貴の方も傑作だって言われたww兄弟揃ってかなりお気に召されたようで(笑)
尾根崎はコタロウの話を聞き、鎮圧チームに対古血装備をさせ、出動を要請する。たとえジローを攻撃してでも吸血鬼の存在を隠そうとしていることが分かり戸惑うミミちゃんに、陣内は調停員としてジローを止めに行くように命令する。陣内、カッコいいなぁミミちゃんをジローの担当にしたのには何か訳があるっぽいなぁ。ゼルマンに狸って言われてる通り、陣内が1番謎だわ。
ミミちゃんとコタロウがいなくなり、帰ろうとするゼルマンを止め、陣内はまだ話は終わっていないと言う。その話の内容はジョアン・曾のこと。

洋館に乗り込んだジロー。めちゃくちゃ怒ってる
蹴るし、吹っ飛ばすし、思いっきり斬りまくりし、容赦ないー;;
ジローの元に急ぐミミちゃん。運転、乱暴すぎ(笑)コタロウ、可哀想だ(笑)

ヤフリーの話をザザから聞いたカーサ。
ヤフリーのことを放っておけ!と言うカーサにボソッと冷血女って毒づくザザがヘタレで可愛い(笑)ザザいいわー。ヘタレ大好き!カーサもいよいよ、特区へ!丁寧な挨拶はやっぱり吸血鬼のしきたり??ザザ、何者かなぁ。特区に普通に入れてるし。結界もザザの言葉で開いたように見えたし。

オーギュスト以外の部下たちは全部倒しちゃったジローの元にようやくミミちゃんが。何でこんなことを?と言うミミちゃんに「見せしめですよ!」と答えるジロー。
ミミちゃんに対してジローはけっこう冷たい言葉を言ってるようで、表情は穏やかだし、本当は自分たちがミミちゃんに関わることで、これ以上、ミミちゃんを危険に晒さなくて済むように特区を出ると告げてるのが良く分かるからカッコイイ。ジローの言葉に涙するミミちゃんに反して、微笑むコタロウ。この笑顔がすごく穏やかでぐっときた
そして、そこにオーギュストが現れる。

本部では九龍の血統が入り込んだことを話し合っていた。セイが特区に張っている結界は中に入れないためではなく、外に出さないための物。九龍の血統が入ったことを察知することは不可能だった。
ゼルマンの携帯にサユカから着信が
それは夜会のアジトでオーギュストが血を吸われた仲間の暴走でその場にいる全員が相打ちになり、みんなが灰になってしまったと言う報告。
尾根崎は鎮圧チームに対九龍の血統装備に切り替えての出動を命令し、セイも行動を開始する。「天の采配。ジローが言った。…まだ間に合う!」
セイ、カッコいいなぁ見た目はちんまいけど(笑)

ジローとオーギュストの一騎打ち。
九龍の血統に因縁のあるジローには九龍の血統になってしまったオーギュストには負けるはずがなく、刀に串刺しにされたオーギュストは満月をバックに掲げ上げられる。ここ迫力あったなぁジロー鬼畜だわww刺した後、抉ってたし(笑)
オーギュストは仲間の血を吸っていた。ジローと、ミミちゃんとコタロウを襲ってきたオーギュストの仲間。その時、ミミちゃんたちを助けたのはヤフリーだった。
やっぱり律儀な挨拶したー(笑)吸血鬼って真面目だなぁ(笑)ヤフリーの口からカーサの名を聞いて、固まるジロー。コタロウの嫌な予感が当たっちゃったよー;;そろそろカーサと再会かな??


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。