上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総督を守ることが最優先だと言われ、紅蓮が撤退するのを追いかけられず、悔しそうなスザク。なんか完全に黒の騎士団に憎さが増幅してる感じ;;今までのスザクならこんな表情しないだろうと思うのに黒くなってきたなぁ(笑)

意識を取り戻したルルは、自分の銃がなくなり、傍にあった血痕から気絶した間に銃を撃った人間と撃たれた人間の少なくとも2人の人間に素顔を見られた可能性があることに気付く。

ゼロの素顔を見てしまったシャーリー。銃を持ち去ったのはシャーリーだった。泣きながら書いてた手紙は告発文とかだったりするのかなぁ?
同室の女の子の声ってもしかして、前々から出演するって言われてたアイドルの子かな??このくらいキャラでよかったー;;メインだったら浮きすぎてたよ;;

ニーナからお礼を言うためにユフィに逢いたいと言われたスザク。逆玉と言う不純な動機では逢えないと思いますとナナリーからリヴァルが指摘されたのを聞いてニーナがショックを受けてるのが笑えた(笑)まー不純だしなww
リヴァルがミレイに甘えて、紙で顔をぐーっと押されてんのが可愛いこの2人、上手くいって欲しいんだけどなー。ミレイはリヴァルのこと好きじゃないのかなぁ??
生徒会室にルルから電話が。
電話に出たスザクは、ルルに何か変わったことはないかと聞かれ、
「あるよ。君がいない」
キャーvvラブラブだーO(≧▽≦)O ルル→スザクなシーンはけっこう多いけど、スザクからこういう台詞が出るのは珍しいねvvルル様、完全に片想いってわけじゃなくてよかったね(笑)
「こんなに逢えないんじゃ、何のために同じ学校なんだか!」学校にルルに逢うために来てるのか、この子は!!(笑)スザクも十分不純だわwwでも久々に仲良しな2人の会話が聞けて嬉しかったなーアーサーに邪魔されて、途中で電話が切れちゃったけど。アーサー、ホントにスザク大好きだねー(笑)正しく言えばスザクで遊ぶのが(爆)アーサーに飛びつかれたのか、「うわぁああ!」って叫んだ声がヘタレててかわゆいvv

スザクの反応から軍の人間に素顔がバレたのではないと分かったルル。気になっているのは戦いの中でシャーリーを見た気がすること。C.C.、ルルとシャーリーのキス、根に持ってんなぁ(笑)

ゼロがブリタニア皇族への恨みで動いている可能性があると考えたダールトン。ギルはユフィに騎士を持つことを勧める。コーネリアのシスコンっぷりは相変わらず素敵いよいよ、スザクが本格的に騎士へ…と言う展開になるのかな?

スザクの人命に対する反応の過敏さを気にかけるセシル。ロイドにスザクに対してちゃんと向き合うように注意すると、逆にスザクを誰かに被せて見てるんじゃない?と言われる。誰の話だろう??ラクシャータとか?それとも他の誰か?うーん。

シャーリーの部屋を探るルルとC.C.
しかし、銃は見当たらず、出てきたのはルルの写真。

その頃、成田の慰霊碑に来ていたシャーリー。ルルが何故こんなことをしたのか考えながら、カバンに入れた銃を見つめていると、その背後から目を隠し、ヘッドフォンをしたマオの姿が。これは壊れた危ない人っぽいわ

解放戦線の船の爆破に疑問を感じる扇。ディートハルトへの偉そうな玉城の態度はホントに救えないヘタレっぷりだなぁ;;

ルルはC.C.とともにシャーリーを追って成田へ。
C.C.、お人形さんみたいな格好になってるwwここでもルルがシャーリーのことを好きなのか確認して、シャーリーに嫉妬むき出しだしww
シャーリーに知られていたら、始末するのか?と聞かれ、戸惑うルル。
C.C.:「本当に失いたくないものは遠ざけておくものだ」
ルルーシュ:「それは…経験か?」
C.C.:「いや、生き方だ。」

この辺の会話から、C.C.の過去に遠ざけなければいけなかった大切なものが後々、分かってくるんだろうなぁ。

マオはゼロの正体がルルであること、そして、その夜にあったことを知っていた。シャーリーはゼロの素顔を見て、コーネリアに報告しようとしたヴィレッタを撃ってしまっていた。
そんな罪の意識を持つシャーリーに、さらに父を失った対価にルルからキスしてもらったことをズルイことをしたと感じている心までも、シャーリーのことを醜悪な魔女だと言い、揺さぶるマオ。
「君は報いを受けるべきだ!」
とマオに言われ、シャーリーは崩れ落ちる。

慰霊碑にやってきたルルとC.C.
しかし、そこにシャーリーはもういなかったため別行動で探すことに。
シャーリーともう一人が誰なのかを考えているとそこに現れたのはマオ。シャーリーの携帯が投げられ、マオがシャーリーと行動を共にしていたことに気付く。

シャーリーの元に向かうロープウェーの中でマオとルルはチェスで勝負をするが、マオに完全に読み負けてしまう。マオはギアス能力者だった。マオとルルが一緒の所を見て、バイクで追いかけるC.C.。マオはルルの前にC.C.からギアスを与えられた人物なのかな?
常に頭の中で巡る計算がマオには全て筒抜け
シャーリーを操ったマオ。シャーリーはルルにゼロの銃の銃口を向ける。

倒れたヴィレッタを助ける扇。わーここに繋がりが出来たwwヴィレッタ、どうなるんだろう;;扇さんの前でヴィレッタが「そうか…お前がゼロ…」と言った事で、どう動くか??扇さん、ちょっとゼロに疑問を抱き始めてる感じだからなぁ。

「泥棒猫にはこういう死に方が相応しい」
シャーリーを揺さぶり続けるマオ。“シャーリーは私も一緒に死んであげるから、死んで一緒に罪を償おう”と言う。シャーリーの思考が読めるマオには人を操り、誘導する事は容易い。
ルルがシャーリーを止めようと説得するも、混乱したシャーリーには上手く届かず、思わずルルを撃ってしまう。散らばる写真が切ない
銃弾は腕を掠めただけだったので、マオは自分で撃とうとするもシャーリーが今度はマオに銃口を向けたため、マオは諦めたように見せながら一気に片を付けようとロープウェーに乗り込み、再び銃を構えるがC.C.が車内に閉じ込めてしまう。
外にいるC.C.に会ったマオ、怖いよー;((((゜д゜;)))) ヘッドフォンから、録音されたC.C.の声;;泥棒猫ってそういう意味か!!
「そういう格好も素敵だねー!C.C.、C.C.会いに行く!すぐに会いに行くから!必ず、必ずー!!」
えーっと、ストーカーさんですか( ̄ー ̄; 何かすごい展開に;;

倒れ込むシャーリーを抱きとめるルル。
「俺が許す、君の罪は俺が全部…」
人を撃った事、お父さんが死んだことでルルに優しくされようとした事、ルルを撃った事…たくさんの罪の意識に苦しむシャーリーにルルが出来る事。
「忘れるんだ、嫌な事は全て忘れてしまえばいい。俺が全部忘れさせてやる。シャーリー、お父さんの事、すまなかった。もし生まれ変わる事が出来たら、君に…」
ギアス発動。響くシャーリーの悲鳴。2人の写真。

慰霊碑の前でもう1度、出会う2人。でもシャーリーはもう…。
シャーリー:「あの、あなたもご家族を亡くされたんですか?」
ルルーシュ:「いえ、家族ではなく…友達を。そう、多分…大事な。」
シャーリー:「そうですか。」
ルルーシュ:「失くしてから初めて分かることってあるんですね。自分がどれだけ彼女の笑顔に救われてきたかって、もうあんな風に口喧嘩することも、笑い合うことも出来ないんだなって。」
シャーリー「好きだったんですね、その人の事。」
ルルーシュ「今は、もう分かりません。」
シャーリー「朝は来ますよ。」
ルルーシュ「え?」
シャーリー「さっきまで何しにここまで来たのか分からなかったんですけど、私、もしかしたら何か区切りを付けたかったのかも知れません。そりゃあ、忘れる事なんて出来っこないし、悲しいことって、いっぱいあるけど…でも、朝は来るじゃないですか。だから、無理して押さえ込まなくても…」
ルルーシュ「そうですね。俺もそう思ってます。…今まで、ありがとう…。

記憶と悲しみを失ったシャーリーだからこその明るい言葉。対称的に、これからもずっと忘れることが出来ず、抱えていかなければいけないルル。ルルのシャーリーへの想いが友達としてのものだったのか、それとも恋愛感情だったのかはもう分からないけれど、とても大切な人を自分のせいで苦しめたことに責任を感じて、これ以上苦しまないように自分から解放して…結局、ルルが1番辛い役回りになっちゃうんだな;;

ホントに切ない展開ですねぇ;;王の力はお前を孤独にする…って言うのはこういうことかぁq(T▽Tq)(pT▽T)p ルルの言葉に本当なら喜ぶはずのシャーリーがきょとんとした顔をするのが悲しいです;;


シャーリーはルルの存在を忘れてしまって、ルルはもう会うつもりはないみたいだから、シャーリーが生徒会メンバーとして戻ることはなさそう。ということはシャーリーはもう出て来ないんだろうな。
正直、シャーリーは殺されるんじゃないかと思っていましたが、ある意味、死よりもずっと悲しくて残酷な最後になりましたねC.C.の言葉通り、大事な人を失いたくないから、記憶を消して、遠ざける。かなり辛い展開になっちゃったなぁ;;

だけど、ルルにとってはこれはまだ、通過点。もっともっと悲惨な目に合うんでしょう;;マオという、ランスロット同じ…いや、ある意味それ以上に、かなり厄介かもしれない敵も現れたわけだし
次回はマオがさらに暴走??メリーゴーランドに乗ってたけど(笑)


EDのモザイクカケラが今回の話にかなりぴったり来て、泣けました思わず着うたのコードギアスバージョンを取ってきちゃったvv
モザイクカケラ モザイクカケラ
SunSet Swish (2007/02/28)
SE

この商品の詳細を見る

歌詞が今回の話にかなりリンクしてると思った。
ヤバイ、すっごい好きだ、この歌


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。