上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、OP絵がちょっと変わりましたねー。
前よりは画の変わり方が音に合ってるかも。それにまたも新しいナイトメア登場!!なんか強そうだー。飛んでるし(笑)ランスロットが飛ぶようになるのは、これが出てくるためかな??
最後の黒の騎士団の集まりには何人いるんだ!?と普通に吃驚(笑)
でも1番驚いたのはオレンジですよー!!((((゜д゜;)))) なんだ、あの狂気に満ちた姿は!!あれは完全に変身しちゃってますよね(笑)怖っ!!


再編成された黒の騎士団の新組織図発表。
軍事の総責任者に藤堂さんが選ばれたことに、当然だとばかりに嬉しそうな朝比奈が可愛いーvvどんだけ藤堂さん好きなんだww
カレンもゼロの直轄である0番隊(=親衛隊)の隊長に選ばれて嬉しそうだー。でも、役職のないC.C.を気にしてる。カレンも本当にゼロ大好きだわ(笑)
ディートハルトの真意が全く見えないだけに、ディートハルトの情報全般の総責任者という位置は吉と出るか凶と出るか…。副指令の扇さんも、今の雰囲気ではいつか裏切りそうな気がするし…。ヘタレ玉城も隊長になってた、よかったねー(爆)

ユフィの騎士に正式に任命されたスザク。
剣を使った儀式が素敵ーvvやっぱり王子だーvv
しかも少佐ですか!!わー一気に大出世O(≧▽≦)O
ノーマルだけど、スザユフィも好きなのでこの任命式はかなり萌えた
でも、相変わらず、ブリタニア人のスザクに対する目は冷たいですねー;;コーネリアはそれが国是って言ってましたしね
どんなに活躍しようが、皇族になろうが、全くもって認められてないースザクを騎士にしたユフィのことまで陰口言ってるし;;
少ない拍手が切なかったダールトンはナンバーズであろうが、使えるのが分かってるから割り切ってるっぽいけど。

ディートハルトはゼロにブリタニアの象徴となり得るスザクの暗殺を進言するが、藤堂や扇はそれを反対する。また、C.C.からはスザクにギアスを使えばいいと言われるがゼロはそれを拒む。その理由が意地か?それとも友情?プライドか?とC.C.に聴かれ、「…全部だ」と答えるルル。でも、何より、スザクに関することでユフィに負けたくないからだよね?(笑)

コーネリアはやっぱり、スザクが騎士になったことに不満ありなのかー。ユフィが皇帝の考えに逆らっていきそうな感じ。もしかしたらユフィって想像以上に鍵となる人物なのかも!?(ノ゚⊿゚)ノ

皇帝、久々に登場!!
えーっと、どこにいるんですか、貴方は(笑)明らかに別世界にいる感じなんですけど(笑)なんかそこだけ時代が違うようなww
シュナイゼルは皇帝に逆らって行動してるっぽい!?

ナナリーの提案でアッシュフォードで開かれた騎士就任のパーティー。
スザクはいつの間にやら風紀委員になってたのね(笑)
任命式をTVで見てるナナリー、本当に嬉しそうだったもんねーvvスザクもいっぱいの人に祝って貰えてよかったねー(涙)
ニーナはやっぱり嫉妬しちゃってますねー;;そこに軍務のためスザクを迎えにきたロイドが。ニーナがやっているウランの実験に興味を持つロイド。あれ、ここに接点が出来ちゃったよww
カレンはパーティー中、ゼロのためだとスザクの暗殺を行おうとする。しかし、それに気付いたルルはカレンをさりげなく制する。その姿を見て、顔をしかめるシャーリー。あの紙切れ見ちゃってるから警戒してるのかなー;;
普通にスザクと接するルルにちょっとホッとした;;さすがにスザクにしようとしていた大事な話は出来なくなっちゃったけど
パーティー会場にやってきたロイドは大勢の生徒の前でミレイと婚約者だとさらっと言っちゃった(笑)スザクはそのこと知ってたのかー。派手に凹むリヴァルが可愛いけど、可哀想だww

式根島にて人を迎えることになった特派。租界の方が安全なのに…とスザクは疑問を持つがその内容はロイドでさえ知らされず。ニーナはもしかしたら、特派に呼ばれるかもしれないなぁ。

ゼロは黒の騎士団のメンバーにスザクとランスロットを捕虜として捕獲すると指示する。ホッとするカレンと藤堂さん。
カレンに暗殺をすることがゼロのためだと唆したのは暗殺を進言していたディートハルトだった。ディートハルトはやっぱりゼロが新しい世界を作る姿を撮りたいというジャーナリズムから動いてるのかー。なんかかなり心酔してる感じだなぁ;;それを撮るためならゼロの指示も簡単に逆らいそうだから怖いよ

船の寄航場所で待つ特派とユフィ。わーセシルさんと一緒にスザクもオレンジの帽子被ってる!!可愛いなーvv
そこへ別の場所で藤堂の指揮による黒の騎士団の攻撃を受けていることがユフィの耳に入り、スザクはユフィを守ると言うが、ユフィは黒の騎士団がいる場所の方へ向かうように言う。スザクに対してここでも信用していない将校の言葉。ロイドさんが皇族批判ですよ!と戒めてくれたけど、騎士になったからこそ、余計にブリタニア人の当りがけっこうキツイなー;;
ユフィはそんな雑音を消すためにスザクに力を示すように言う。

ゼロの思惑通り、その場に登場したランスロット。
砂地にランスロットを誘いこむゼロのナイトメア。ラクシャータの開発した装置でランスロットはその場で動きを封じられてしまう。さすがにふざけてられなくなったのか珍しくロイドさんの声がシリアスになったよ(笑)
しかし、スザクも想像ついてるのに、やけにあっさり罠にかかっちゃったなぁww

ゼロは自ら外に出て、ランスロットから降ろしたスザクに、味方になるように言う。やっぱり、そう来たかー!!監禁とかしないでくれてホッとしたよ;;いや、まあ仲間にならないままだったらやってたかもしれないけどね(笑)
ゼロは拒否するスザクに、父親を殺したと言う事実を使って揺さぶりをかける。
「人々の意思は奪われたのだ。ルールを破った犯罪者によって…勝手に!」
たった一つ残された贖罪の方法は7年前日本人が選ぶことの出来なかったブリタニア人と戦うという道を身を持って示すことだと言う。
「君は自分のエゴを多くの人々に未来永劫に渡って押し付けるつもりか?それが平和だと言うのか?」
ゼロの言葉攻め(笑)に、スザクの心もかなり揺らいでる様子。「へ?」って聞き返した時はすぐにでもゼロの言う通りにしそうな感じだったもん(笑)

ゼロの言葉に言い返せないスザクの元にその場にミサイルを撃ち込むためそのままゼロを足止めしろという指令が。命令通りスザクはゼロを押さえ込み、ランスロットのハッチの中に拘束する。
この命令はさすがに酷いなー;;騎士・少佐っていう立場があっても、こんな命令が簡単に下るのはやっぱりナンバーズだからなのかなぁ;;

ユフィはその命令を聞いて、スザクの元へ。
確かに軍の人間からしたら、我侭お姫様かもしれないけど、なんかそんな感じしないんだよなー。むしろ好きだなーvvロイドはそんなユフィの行動をみてもダメじゃないかな…と諦めモード。そもそもロイドはランスロットのことしか心配してないし(笑)

まだ死んではいけません!とスザクの元に急ぐユフィをよそにスザクは命令に忠実に、ゼロと共に死ぬことを覚悟していた。ここまで命令に忠実になれるのも、やっぱり誰かのために死にたいと言う気持ちからなんでしょうね、うーん、切ないなぁ
カレンはスザクを何とか止めようと思いっきり、名乗っちゃったwwまあ聴こえてないだろうけど。生徒会の!って名乗ったのがちょっと笑えた(笑)
スザク:「軍人は命令に従わなければならないんだ!」
ゼロ:「フンッ!その方が楽だからな、人に従ってる方が!お前自身はどうなんだ!?」
スザク:「違う!!これは俺が決めた俺のルール…」

“俺”になってるから、精神的にはかなり揺さぶられてはいるんだろうけど、スザクも一回決めたら頑固だからなぁ(笑)ルルもスザクが頑なに動こうとしないもんだから、焦りまくってちょっとムキになった子供みたいな言い回しになってるしww

そこに空中から現れたのは、シュナイゼルのアヴァロン
うわーまた、でっかいすごいやつ来たー(笑)ラクシャータもやられた!って言ってるから相当すごいメカだろうな。一瞬映ったシュナイゼルの表情は…ちょっと浮かない表情だった気がするけど。
ゼロたちに向けて放たれる砲撃。その瞬間、ルールを破るよりは良いとその場から逃げようとしない分からず屋のスザクに、ゼロはとうとう瞳を見せる…。

次回予告。
スザクもルルもいないんですが(^^;
最後のニヤッと笑った人物は一体??シュナイゼルはその前に出てきたから違うかなーと思うんだけど。スザクだったりしないよね?どうしよう、次から全然違うキャラに変わってたら(笑)
ルルはスザクの倫理や考え、感情を踏みにじりたくなくてギアスを使うのを躊躇ってたんですねー。ホントに大好きだなぁ(爆)C.C.に殺すことになっても?って言われてたけど、今のルルがスザクを殺せるとはまーったく思えないなぁww(笑)


さて、また気になるとこで終わっちゃいました(^^;
ルルがスザクにかけたギアスはやっぱり、味方になれ…的なことでしょうか。それともその場から脱出しろとかそんなことかな?
どっちにしても、なんとなくですが、ユフィが皇帝に逆らいそうな予感がするのでスザクとルルが戦うというよりは、2人が皇帝と戦う図式になっていくのではないかと思えてきました。とは言っても協力するかは微妙だと思うけど。
騎士になってもスザクの立場は全く安定しないんですねーなんかもう最初からスザクが心配で毎回ハラハラしながら見てる気がします(笑)
スザクに幸福あれー!…あ、オレンジにも!!(思い出したように言うな)


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。