上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モレッティ登場!アニメでは原作にはないリボーンとモレッティが再会して、ツナへのドッキリを計画する所から。

明日は京子ちゃんが家に遊びに来るから!と鼻歌を歌いながら部屋を片付けるツナ。ちょうど明日はランボ・イーピン・ビアンキ・フゥ太がいない日で邪魔する者はいない!と喜ぶツナに、リボーンは「あまりファミリーを邪魔者扱いしない方がいいぞ」と忠告する。

その日の夜、就寝前のツナ。
「リボーンの奴、変なこと言って!この平和な日本で何が起こるってんだよ?」
いやいやいや!!あなた、つい最近、大変なことに巻き込まれたばっかりでしょうがっ!!ダメだ、暢気すぎるわ、このボス!(笑)まあ、原作とは全く違う順番で放送してるから、こういう台詞がここに来ちゃうんだろうけど;;いくらなんでもアホっ子発言な気が
あれ、ツナの寝顔可愛くない(笑)アホ面~ww
そして、ツナの前に泥棒が!!ツナは思わずその場で気絶してしまう。

朝、目覚めた時、ベッドには泥棒の死体が。
えーっと、殺害方法はツナが殴って…ですか;;えーー;;たとえ死ぬ気でも1発殴ったくらいで、柔らかいベッドの上では死なないと思うけど;;じゃなきゃツナと戦った人みんな死んでるってここは原作通り銃のままでよかったんじゃ;;
まあツナがちょっとおばかちんだからできるドッキリってことかなぁ(笑)

そこへ遊びに来た屋形船姿のハル。アニメで見てもやっぱりアホの子だー(笑)これを使う劇ってどんなんだろう;;
そして隼人と山本も合流。俺の人生は終わったんだー!と泣き崩れるツナへのハルの妄想。何で、この子の妄想は時代錯誤甚だしいんだろう(笑)崖で着物来て演歌ってヽ( ´¬`)ノ
泣きじゃくる2人を見て、隼人と山本の??が浮かんだような表情が可愛かったvv
やっぱり、隼人の根性焼きは出来なかったかー(笑)ボムぶっ放す方が危険な気はするけどww

リボーンが呼んだ助っ人その1.酔いどれシャマル。
うわーん!!隼人がスケコマシ!って言うトコ、カットされたー!!!まあ黒曜編で先に会っちゃってるもんなー;;こういうトコが原作通りじゃなくてムカっとするとこだねー
ハルに迫るシャマルのキモさがちょっと久々な感じ(笑)
山獄ハルで、瞳孔と息と心臓を確認して「死んでるー!!」って青くなるトコ好きvv
心臓に耳を当てる隼人がめちゃめちゃ可愛かったvvなんか女の子みたいに見えたのは何故でしょう??(バカ)

リボーンが呼んだ助っ人その2.雲雀。
人の家くらい飛び込んで簡単に入ってきてくれます、雲雀さん(笑)かっちょいいー
死体処理までやってる風紀委員、手広すぎますww

そこへとうとう京子ちゃんが。
京子ちゃんに見せる訳にはいかないととりあえず死体は押入れに隠したものの、京子ちゃんの背後にある押入れからは手が…、そして顔まで…。

絶体絶命のタイミングでランボとイーピンが帰ってくる。
チケットがなくて遊園地に入れないランボの可愛いことvvあらら~?っていいながらペロペロキャンディーやらノートやら頭から出すのがvvお怒りのイーピンもかわゆい(*^_^*)

ハルの誤魔化しで死体が文化祭の小道具に。ハル、その霊柩車は一体どこから;;きっと、コレで誤魔化せるのは京子ちゃんぐらいだわ(^^;)
京子ちゃんのツナへの話は了平から伝言。
でも了平もその場に来ちゃって京子ちゃんが来た意味ナシwwしかもボクシング部に入れー!っていつも通りだし(苦笑)

そこへ宅急便が。京子ちゃんが荷物を受け取りに玄関に向かい、その隙に死体をどこかに隠そうとするも、また戻ってきたランボの手榴弾で部屋が爆発、死体が吹っ飛び、宅急便のトラックの上へ
急いでトラックを追うツナたち。ハルの着ぐるみは携帯電話へ。何着持って着てるんだ(^^;)
ハルは宅急便のトラックの運転手に電話をかけるも、死体が乗ってると言ったところで取り合って貰えず隼人はトラックにボムを投げまくり、途中でビアンキに会って、ボムを落として一緒に走ってた了平と吹っ飛ばされ、ビアンキはどうやってリュックに入れてたのか謎なポイズンクッキングのくらげの姿焼きを投げて穴を開け、トラックを止めようとするも失敗、ランボとイーピンが止めようとしても失敗。
運転手さんからしたらホントに迷惑だな、この子たち(笑)

結局、ツナ、久々の死ぬ気ダッシュ(笑)
なんかハイパーモードが出来るようになったのに、パンイチな死ぬ気を見るとやっぱり間抜けだなぁ;;しかも、今回は自分で止めるのかと思いきや、結局山本んちでトラックが止まるっていうあまりにも間抜けなオチだったし

せっかくみんなにがんばってもらったけど、警察に行かなきゃと涙ぐむツナ。みんなが心配そうにツナを見てる中、一人だけ状況を把握してない了平に笑ったww
そんなツナに話しかける死体…モレッティ。モレッティは自分の意思で心臓を止めて仮死状態になるアッディーオを使うボンゴレの特殊工作員。モレッティはツナにアッディーオを見せようとリボーンと共に嘘をついていた。

「俺にとっては4月中はいつでもエイプリルフールだぞ!」
きゃーカッコいい(笑)
ツナも、もう怒る気なくなってるww
一人部屋に残された京子ちゃん。せっかくの2人きりのチャンスなのにツナ散々だなー(笑)


この話、原作ではめちゃ短いのです。
宅急便とか出て来ないし。わざわざこんな長い話にするほどのことでもないような(^^;)
レビュー書くのもちょっと面倒だったか…も(ゴホッ)
次回は花ちゃんメイン?


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。