上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六聖獣は天空城へお引越し。移動手段が馬車ってことが妙に可笑しかった。天使はどこへでも瞬間移動できるって思い込んでたわ、私(笑)だって、CDには馬車に乗ったりしてるトコなかったような気がするし、特にルカとレイは飛んでいくと思ってたしヽ( ´¬`)ノ
シンが、六聖獣の荷物を運ぶ子供天使に優しく接してるのが何だか新鮮だったなぁあの本の量じゃ、前もみえないし、そりゃぶつかるのもしょうがないしね(笑) 
天空城の豪勢な造りに驚く6人。
特別扱いのようにそこに6人一緒に住まわせるゼウスの意図は??

パンドラとカサンドラ。
これは明らかに敵意剥き出しの牽制だわー(笑)
ズカズカと皮肉を言いたい放題言っていなくなった!!引越しの片付けをしに来たっていうのは明らかに嘘なのが潔いね(爆)
ゼウスのご寵愛にはそれほど興味ないっぽい6人の、2人との接し方が温度低めで笑ったwwパンちゃんったちかなり嫌な奴キャラになってますね~(笑)

マヤがいなくなって寂しそうなガイ。
いつも元気な子が落ち込んでる表情は可愛すぎるなvvみんなの前ではそういう顔を見せずに一人になった時にだけ…なのがホントにイイ子だし!!
そんなガイをゴウが励ましに来るのもいいですね~vv(*^_^*)

六聖獣へのゼウスからの最初の命は、下界に降臨し、2つの大陸を繋ぐ境にある人間や動物の行き来を妨げる妖樹を倒すこと。
その悲惨な状況に、すぐに樹の元に向かった6人。
羊が捕まって殺されるシーンはけっこう残酷だった;;

1度はその木を焼き尽くし、倒したかに見えたが、その木は炎に包まれながら、目を光らせ、樹は再生する。怖ぇえええ;;
そして、お約束(笑)
とりあえず、触手があったら捕まるんだねwwしかも見事に受け3人(笑)いや、まあ気持ちは分かるけどww\( ̄ー ̄;) しかも助けに行くのがちゃんとお相手なのが可笑しいしガイがお姫様抱っこされてるのはキャラ的に新鮮で可愛かったけど

シンにより樹の正体が人間や動物が妖術で姿を変えられたものだと分かる。弱点は目と心臓の部分を同時に攻撃すること。
今回は参謀シン、活躍でしたね。知識の量は6人の中ではやっぱり1番のようですね~。しかも、今回は読んでた本がばっちり役に立ってるし!

樹の根っこの部分から心臓を見つけるユダ、ルカ、ガイ。
心臓、妙にリアルで赤く光っててグロかった;;
後の3人が目を攻撃し、ようやく樹を倒すことに成功する。樹があった場所に現れたのは樹に変えられていた天使。
その天使は死に際に、自分が罪を犯したために姿を変えられ、その罪を許されるために地上の1000の命を奪えと何者かに命令されたことを6人に告げる。

その樹があった場所には平和が戻るが、死んでしまった天使を哀れむ6人。
ユダは天使の言葉から、ゼウスへの疑念を抱き始める。
最後のゼウス様のフッていう笑い方はまさにボスキャラですね(笑)
これからどんどんユダがゼウスに対して反抗していくんでしょうね。ゴウに聞かれても言わなかったし…一人でボロボロになっていかなきゃいいけど(^^;

5月期EDはルカレイ
今回のはバラードですねどうやら絵は変わらないようです(笑)


今回は小説の話なんですかね?知らない話だったので新鮮だったけど、レビューしてみたら、そんなに書くことがなかった(ゴホッ)のか、やけに短くなっちゃった(苦笑)

セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~ VOL.1〈限定盤〉 セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~ VOL.1〈限定盤〉
有栖川ケイ、 他 (2007/06/27)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る



↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。