上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく投げることに集中した三橋の投球はきっちり嵌ってますね。もちろん、それは阿部のリードと、他のメンバーの雰囲気の良さがあってのことですが。コントロールの定まらない全力投球をあえて使うことで、三星の選手に同じ部でやっていた頃とは違うという印象付けにするとは!しかも、全力投球が投げられることで三橋のテンションも上がったし。阿部のキャッチの技術、リードの質の高さには本当に驚かされますこれじゃ、あの絶対的な自分への自信も納得させられてしまいますね。
初陣の西浦バッテリーは問題なさそうだな。あのウジウジくんな三橋がマウンドで落ち込むことなく、他のメンバーを信頼して保てているんですから。素晴らしい!いきなり、3人をノーヒットで押さえたのは確実に三橋の自信になってるし。

そして、攻撃。
田島様降臨ですよ!!わざと、叶の決め球のフォークが来るのを待って、ステップを踏んでボールに合わせて打つなんて、カッコよすぎでしょ!!まさに天才!驚きすぎてベンチにいる泉たちが声かけを相談してからやってるのが可笑しいやら、可愛いやら(笑)
あと、興奮し過ぎなモモカンには吹きました(爆)ヤバイってww

対する花井。
田島へのライバル意識から、同じ様にフォークを待って打ったための三振。送れと言われたらバントでもいいと言っていた辺り、ただ意地を張っただけとは思えないんですけど、打てと言われたからこその勝負だったんでしょうね。
空振った花井に対して、モモカンが、ただフォークを待った理由だけを聞いたのが印象的。その理由を自覚させて、あえて指示を出さないで自分自身でこれからの打席をどうするべきなのか考えさせることで、花井もちゃんと「今の俺にはあのフォークは打てない、次はストレートを狙う!」と決意出来た。モモカンがいかに良い監督なのかが良く分かりました。
田島はすごいバッターだけどホームランが打てるバッターではない、それはすなわち一人で点を取ることは出来ない、点を取るためには他のメンバーが確実に繋ぐことが重要になる。花井が5番である限り、特に意識しなきゃいけないですもんね。次からの花井の打席が楽しみだ!!

今回、透葵的にツボだったのが叶と織田のシーン。
というか叶!(笑)ヤバイ、かなり好きだわ、この子
中学から三星にいたメンバーの中で唯一、三橋のピッチング能力に気付いてて、飄々と織田にアドバイスしている所もものすごく好みだったんだけど、さらに好きになったのはその後。
叶から忠告を受け、三橋のボールを打たずに見ることに専念して、しかも「打たへんからまっすぐ放らして」と阿部に言った織田。その言葉に対して、阿部がエスカレートで上がった選手以外はやる気がないことを見破って、勝てると自信を持ったのに対し、それを知った叶のそれまでとは全くキャラの違う取り乱し方。そりゃ織田も吃驚するよな
叶がいかに三橋のピッチングセンスを認めていて、その能力にコンプレックスを抱いていたか。中学時代にエースとして投げられなかった自分の力を見せつけようとしていたんだと思ったけど、本当はそうじゃなくて、三橋に勝てる気がしないと思うからこその虚勢でもあったのかなと思うと、その内に隠した葛藤がめちゃくちゃ魅力的ですねー
「この試合で俺を三橋に勝たしてくれ!」
と必死に織田に縋る顔が何だかとっても愛しかった
他のメンバーは贔屓だと三橋をナメてきたけれど、同じ投手の叶は三橋に負けを感じながら、そんな気持ちではマウンドに立つ資格はないと投手としての葛藤を抱え込んでる。織田も良い投手には違いない叶がそこまで三橋の投球にコンプレックスを持っている意味が分からずに混乱してたけど、それは多分、他のメンバーには分からないことかもしれませんね。能力云々もそうなのかもしれないけど、投手として三橋がどんなことがあっても最後までマウンドを譲らなかった姿勢すらも負けだと感じる理由の一つだったのかもなー。

三橋の球を3年間受けてきたはずの畠がストレートとシュートの違いに気付かなかったように、捕手として三橋の魅力に気付かずにいたことがどれだけ勿体無いことだったのかを知る機会としても、この三星戦はお互いにとってプラスになる試合になりそう。
うっかり叶スキーになってしまった透葵的には次回、織田たちの手抜きが原因になるのか三星チーム内で揉めるようなので、それが解決した後が試合としてさらに面白くなりそうですね。

そして、最後のシーン。
畠たちを打ち取って、思わずガッツポーズで、キョロキョロしながら「調子に乗っちゃう…」って、三橋ってば可愛すぎるわww
それから阿部への
「俺、ピッチャー楽しい!マウンドが楽しい!また登りたいっ!」
って言う素直な喜びの言葉。緊張で眠れなかった子と同一人物か?と思うほど三橋は良い調子で投げれてますね。阿部もまたそんな三橋に、
「俺もキャッチャー楽しいよ!」
なんて返してくれるから、ホントに嬉しそうでvv三橋のこういう可愛い反応を見る度に、応援したくなっちゃいますね~。ホント、おお振りはキャラの魅力の引き出し方が上手いなぁと思います

次回予告は今回もネタバレしまくりですね(笑)これはどんなにネタバレしようが絶対楽しませる自信がありますよ!っていう意味なんだととっておくことにします(笑)
ウグイス嬢な千代ちゃん、可愛いし(おい)

おおきく振りかぶって 1 おおきく振りかぶって 1
黒田洋介、吉田隆彦 他 (2007/06/27)
アニプレックス

この商品の詳細を見る



↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。