上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3塁打にホームランと立て続けに食らい、ショックを受けた三橋と阿部。三橋はちゃんと立ち上がって、投げたもののやっぱり凹んでたんですねー;;最後まで投げきったのは偉かったけど、三星の攻撃が終わってベンチに戻っても、申し訳なさで他のメンバーのいるベンチに戻らないまま、一人で隅っこに座り込んで泣いちゃうんだねー;;痛々しいなぁ;;栄口や西広が声を掛けてるのも聴こえてない感じだったなぁ;;三星時代も打たれたら真っ直ぐ、隅っこへってのがお決まりになっちゃってたんだろうな(^^;
そんな三橋を見て、“俺の配球で打たれても、俺が打たれるわけじゃねえ。痛い思いしたのはコイツじゃないか…”と気付く。
阿部に謝らなきゃ…と思う三橋に先に阿部が謝るのが良かったですね~。三橋にとってそんなことは今までなかったはずだから嬉しかっただろうなぁvv
で…三橋ってば、あれだけ三星のこと気にしておいて、三星への未練があったことを阿部に「お前が三星に未練たらたらな顔してっから、はっきり差付けて勝ちたかったんだよ!」と言われるまで、自覚してなかったのね(;´▽`A`` わー鈍感ww 阿部、これからも苦労しそうだなぁ(笑)

西浦の攻撃。
モモカンは球数制限のある叶の体力を見越し、出来るだけ球数を投げさせるため、田島の前の3人に待球の指示を出す。
栄口くんの職人ぶりは今回も発揮されてましたねー!指示通りツースリーまで持ち込むのがカッコよすぎる!!モモカンと一緒になってゾクゾクしました(笑)際どいボール、ちゃんと見て、待球しちゃうから!!鳥肌物の見応えでした!!ホームランとか3塁打を打ってくれるのも迫力あるけど、こういう職人技も魅せてくれるんだなーと実感
栄口くんを四球で1塁へ出してしまい、叶は今まで三橋が最初から最後まで失球なく投げきっていたことに驚く。ブルペンではこなしていたものが、マウンドでは消耗し過ぎて出来ないことを今になって知る…実戦経験のなさがここに来て出てきたなー。

さらに沖を死球で塁に出し、ちょっとしょげちゃってる叶を心配する畠と、次の阿部に放る時、畠のサインを見て真ん中は疲れんだよーと怒ってる叶、温度差がー(笑)哀れ、畠wwヽ( ´¬`)ノ
阿部はこういう場面できっちり打てるのがカッコいいなぁ観察力のある阿部に対して、畠の配球もど真ん中だったからなぁ(;´▽`A`` 構え方でバレてるし;;これは打たれるなー;;

ノーアウト満塁でバッターは田島。4番としてこれ以上ない場面!「打点がいっぱいつくぞぉ~vv」って可愛いな
マウンドで三星ナインに真面目に指示を出す畠に、叶が突然、キン蹴りしたぁああ(爆)畠はホントに大変だなぁww口悪いわ、バイオレンスだわww
田島相手に叶の決断は、今までよりもさらに落ちるフォーク。畠の捕球がおぼつかず、それまでは投げられなかったけど、これは投手としての賭けですね。天才バッターとの対決はやっぱり決め球でないと!!うん、面白いぞ!!
田島も今までのフォークで振ったため、決め球には驚いた様子。2球目は思いっきり振って角度を計る。田島はかなり打つことに関しては自分に自信があるんでしょうね。モモカンのサインが全く目に入らないほどの集中。多分、叶のフォークが田島にとって打ちたい!と思えるほど魅力的だったんでしょう!O(≧▽≦)O
だからこそ、最後はフォークを打って欲しかったっていうのが、正直なところだけど、フォークに備えた田島への配球はチェンジアップ。良く踏ん張って犠牲フライにしたなぁーやっぱ、田島はカッコいいね!!
見事に栄口がホームに返り1点。
宮川の肩が弱いと判断し、もう1点を狙って泉がGOを出すが沖はアウト。舐めんなー!と頑張った宮川はカッコよかったvv沖ももうちょっとだったし、いい勝負でした

ベンチに戻ってきた田島が向かったのはベンチに入れないまま座り込んでる三橋の所。
「ノーアウト満塁なのに1点しか入れられなかった。4番の癖にカッチョ悪いけど、ベンチに帰れねーことはねーよ。お前、力全部出してんだろ?守ってりゃそれは分かるから、一緒に帰ろうぜ!」 
ホントにこの子はどれだけ男前なんだ!!!4番で欲しい時にきっちり点を入れてくれる田島からのこの言葉は本当に嬉しいだろうなぁー!!かっこえぇえええ!!

阿部を3塁に残し、次は花井。
ここで花井もカッコよく、仕事してくれましたよー!!叶の疲れを見越した、バント!モモカンは硬球のバントへの恐怖を心配してましたが、花井はちゃんとやってくれました!!
見事に阿部がホームに帰り、西浦逆転!!

逆転を許し、拳を地面に打ち付けて悔しがる叶。
投手としての、その態度を心配する織田。叶が泣いたように見えてワタワタするのが可愛い(笑)
「泣いてねーよ!汗が目に入っただけだ!」なんて、素晴らしいツンデレっぷりを見せてくれた叶は可愛いとしかいいようがない好きー!!
「叶は…謝らんな。情けない自分への怒りはあっても、それによって逆転されたことを仲間に詫びん。お山の大将はそれでええんや!俺はそうゆう投手が好きなんや!踏ん張れ、叶!」
こっちもか!?叶モテ過ぎだな(爆)捕手からも4番からも愛されるエース、素晴らしい!!(爆)

田島がベンチに三橋を連れて帰ってくる。田島が三橋をお尻でそれ!ってベンチに押すのがかわゆいなvv
三橋を迎えてくれるのは自分のミスのせいで帰ってこなかったんじゃないかと思ってた水谷や、せめて、ベンチの中で落ち込めよなー水を渡してくれて、三橋を心配してくれる栄口・沖たちだった。誰も責めることなく三橋を迎えてくれる西浦。三星への未練はちゃんと断ち切れたかな?

とうとう9回裏・三星の攻撃。
三橋は阿部に前の打席、1球目・織田が目を瞑って残像を消していたため、2球目で打たれる!と気付いていたことを告げる。一生懸命言って、言えた…!って喜んでるのが可愛かったなぁ
逆らって怒られるを恐れてたのに、ちゃんと言っても何でその場で言わなかったんだ、ノロマ!って怒られてるし(笑)
でも、これが西浦バッテリーにとって初めてのまともなコミュニケーションかも!三橋がもうちょっと阿部に言いたいことが言えるように成長していってくれたらいいなーvv
三橋からそれを聞いて、即効で自信を取り戻した阿部には笑ったww

三橋に負けたくない!と意気込む元チームメイトの2人を抑え、最後は織田!4番との対決がラストなんて、三橋に自信を付けるには最高の場面じゃないですか!!しかも最終回で全力投球でストライクが取れたのは大きいですね!
「怖くない…わけじゃない。だって、打たれるかもしれないってすっごいドキドキしてる。でも中学の時とは全然違うドキドキだ!」

「俺は今、マウンドで勝負を楽しんでるんだ。俺はここで…ここでホントのエースになる!!」
最後もきっちりストライク!
キラキラしてる三橋のガッツポーズと、そこへ駆け寄る西浦ナイン。いやーいい試合でした!!ドキドキした!!白熱した三星戦が終わっちゃってちょっと寂しいなー。

試合が終わって、三星から帰る西浦の面々。
そこへやってきたのは三橋の元チームメイトたち。三橋は逃げようとするが、阿部が捕まえて、ちゃんと向き合わさせる。でも阿部の心情が大丈夫、何言われてもコイツは三星に戻ったりしない!って自分に言い聞かせてるのがいいですねー(笑)
三星の子たちは畠を1番前に並んで、三橋に中学時代のことを謝り、頭を下げる。
「償うチャンスをくれないか?戻ってこいよ。」と言う畠に、阿部は“戻らねーってはっきり言え、言ってくれ…三橋…”と。何言われても…って言ってたのに明らかに不安になってるよ、可愛いな、安部ww
三橋は、その誘いを断る。何でだよ!?と叫ぶ叶に、三橋はずっと叶が三星のエースだと思っていたのに、マウンドを譲らず、みんなの中学時代をぶっ壊したことを謝りもしないで逃げた。でも、
「でも、今日は来て…よかった!だって、俺はずっとみんなと野球したかったんだ、今日みたいにずっとしたかったんだ!」
とちゃんと顔を上げて言う。凄くいい表情で言うから、良く言えたねー!ってなでなでしたくなったわー
叶は寂しかったんでしょうね。三橋が何も言わずに転校しちゃったこと。だから、寂しくないのかよ?って聞いたんでしょうね。結局、寂しくないよって言い切られて余計に寂しくなっちゃったっぽいけど。ちょっと口の悪い叶の素直な可愛さが見られて、余計にきゅんとしちゃいました、やっぱり私は叶スキーだ(笑)
三橋も他の西浦のメンバーを振り返って、寂しくないよ!と言い切るのが凄くよかった!それだけメンバーを信頼できた証だなー。
三橋と叶の約束。
「また試合しよう?いや、して下さい…」「絶対…な。」
ホントに実現してくれたらイイなぁ。次に会う時はもっとお互いのバッテリーが成長してるだろうから、さらにドキドキさせてくれそうだわ!!
最後に畠が、三橋の癖を指摘した後、
「これだけは言っておくぞ!試合には負けたけど、投手としては叶のが上だ!」
断言しやがりました(笑)畠はかなりのM気質だと思います、マル(笑)どんだけ叶が好きなんだww叶は三橋スキーなのに(笑)ずっとこのまま健気でいてくれたらいいよww叶は女王様受けで、間違いないと思います畠・織田を上手く操ってくれ!(笑)

合宿先に戻ってきた西浦メンバー。
三橋は疲れきって熟睡してしまう。「このまま寝かしといてやっていいすか?」なんて阿部、優しいなぁ。合宿中、ほとんど眠れなかった三橋を知ってるからなぁ。そんな阿部へのモモカンの言葉がいいですね~。
「この安心は阿部くんがあげたんだよ。阿部くんが三橋くんに信頼されたってこと。捕手が投手に尽くした分を、投手は信頼で返すんだよね。信頼されるっていいもんでしょ?」

「こっちからの一方通行じゃないんだ…。俺は3年間、お前に尽くす!西浦を選んで良かったって、必ず思わせるからな!」
夕焼けの中での、阿部の決意とってもいいシーンでした。
多分、前のバッテリーでは一方通行になっちゃってたんでしょうね(^^; 今度は三橋と理解し合えるバッテリーを作り上げてねー、阿部ー!!

三星戦完結なので長々書いちゃいました。
ホントに萌え燃えまくった試合が終わって、ちょっと寂しいですが次からの展開も楽しみ!次回は阿部の元バッテリー、榛名が登場!

【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2 【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2
黒田洋介、吉田隆彦 他 (2007/07/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

2巻は阿部かーvv


↓参加しています。
この記事が面白いと思われたら、ポチッとして下さると嬉しいですvv


  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。