上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の日記に書いたようにこちらでオリ小説始めましたvv

クリックしなければ見えないように追記に書くようにしています。
抵抗のある方、BLと言う言葉が分からない方は、読まないで下さい。
注意書きを無視して読まれた後の責任は負いかねます;;


残像はストーリーは暗いですが、ソフトなものになってますので、興味を持ってくださった方はどうぞ。
まずはプロローグ。長々続くかもしれませんがお付き合い下さい

感想などあれば、拍手かメルフォでお願いしますvv
泣いて喜びますvv





~prologue~

1年前のあの日。
僕は恋人の明日香を失った。

明日香は幼馴染みで、彼女が生まれつき身体が弱かったことを僕はよく知っていた。それでも、自分にとって大切な存在に変わりなかったから、迫り来る現実を受け入れて、僕等は付き合っていたんだ。


あの日、彼女の最期を見送る瞬間、細く透き通った手を握ると、彼女は小さく呟いた。

『・・・お兄ちゃん・・・』

ショックじゃなかったとは言わない。
彼女にとって、恋人の僕よりも兄という存在が特別だったのだという証明のように思えて、寂しさや虚しさを覚えたのも本当だ。でも僕は、明日香のお兄さんへの想いをよく分かっていたからそれを当然の事のように感じられた。

明日香が息を引き取ったのはその直後だ。
とても愛しいと想っていた人がいなくなることは想像以上に苦しかった。彼女の穏やかな・・・だけど徐々に温度を失っていく顔を見ていると涙が止まらなかった。



なのに・・・それなのに・・・僕の心は無意識に予想もしない方向へと動き出していた。
そこには、ただぼんやりと明日香を見つめて一滴の涙を溢した綺麗な人がいた。魂の消えゆく瞬間、僕は大切な恋人ではなく、その人の顔を見つめてしまった。


僕はあの日のことを忘れない。―――――あの瞬間の僕の愚かさを忘れない。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ルリホシライン, All rights reserved.








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。